ブログ

ブログの自己紹介を書くコツ!読者にささるストーリー構成とは?

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>


悩む人

  • 自己紹介は必要?
  • 自己紹介を上手に書くコツはある?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

ブログの自己紹介をダラダラ長ったらしく書いていませんか。

完結に自分の生い立ちを伝える、自己紹介のコツを以下で紹介します。

プロフィールはブログの顔です。

どういう人が書いているのか読者に伝われば、リピート客も増えます。

アクセスを今まで以上に伸ばすためにもブログの自己紹介は丁寧に書き込んでいきましょう。

 

ブログの自己紹介は必要なのか

ブログで自己紹介は必要です。

偶然たどり着いた通りすがりの読者が、根強いファンになる可能性もあります。

つまり、自己紹介記事はリピート客を増やすキッカケ作り役立つでしょう。

ファンがつけば、その他のSNSでフォローもしてくれます。

「このブログが好き!」となればブログ名での検索もしてくれるでしょう。

リピート客が増えればアクセスもあがり、SEOでも有利になります。

検索上位になる可能性も。

ただし、その記事に魅力がなければ離脱の原因になります。

自己紹介の文は、読みやすさが重要です。

魅力的な自己紹介でファンを増やしましょう。

 

自己紹介は読まれていない?読者を引きつけるプロフィールとは

ブログの自己紹介を魅力的に書く、とはいってもそれが難しいですよね。

あなたの自己紹介は読者に読まれていますか?

ダラダラ文では読者は離脱してしまいます。

通りすがり読者を引きつけ、コアなファンになってもらうにはどうすればいいのでしょう。

自分語りは読者は萎える

自分の生い立ちをダラダラ書いた文は読者を萎えさせます。

正直いって、他人の生い立ちに興味がわくでしょうか。

しかもそれがダラダラと長文で続いているのです。

読み進めませんよね。

ただなんとなく書いた文章は読むのが面倒になります。

読者は「つまらない」と感じれば容赦なく離脱し、再び訪問してくれる確率もがくんと減ってしまうでしょう。

構成づくりとストーリーで読者を引きつけよう

構成づくりからスタートさせれば記事全体のリズムが整い、読者も読みやすい文章になります。

どんな記事でも書くときには構成作りからはじめるものです。

自己紹介の記事でも同じこと。

「自分のことだから簡単!構成なんて考えなくてもすぐ書き終えられる」と考えてはいけません。

それがダラダラした文体を招きます。

構成を作るときには、自分の生い立ちをストーリーになるように書きましょう。

そうすれば書きやすく、読み手にもこの先はどうなっていくんだろう?と興味をもって読み進められます。

 

ブログの自己紹介を書くコツ

以下では具体的にブログの自己紹介を上手く書くコツを紹介します。

読者に読んでもらうにはリズムがあって読みやすい記事です。

ではどのように自己紹介は書くと伝わるのでしょうか。

心を動かすストーリーで読者をつかむ

はじめにインパクトを与えるストーリーをあたえることで読者を引きつけれられます。

始めが肝心といいますが、ネットは特にそうです。

おもしろいくないと思われれば記事もさっと読み飛ばしてしまうでしょう。

 

心を動かすストーリーは成功談だけではありません。

「こんなヒドイ失敗続きで腐った人生だったのに、今はこんな成功をした!」

失敗談からの成功は心を動かされるでしょう。

人生上手くいかないことの方が多いです。

誰しも失敗はつきもの。

それを書き出してドラマチックに書くことができれば、続きが知りたくなりますよね。

共感をよぶ

自己紹介のコツはいかに読者に「共感」してもらうことです。

  • 趣味
  • 家族構成
  • 年齢・性別
  • 同じ境遇や体験をした

「私と同じだ」と共感するとブログの筆者に興味がわきます。

読者と同じ悩みを解決しているブログなら隅から隅まで記事を読みたい!と思わせられますよね。

このように共通点を探してもらい、ファンを増やしていきましょう。

ゴールは何?読者の感情をコントロールする

ブログの自己紹介を読み、読者にどう行動してもらいたいかのゴールを決めましょう。

ゴールがなければストーリーも思うように構成できません。

何を伝えてどう感じ、行動してもらいたいのか。

なんでもかんでも書いていては伝わりません。

読み終えた後、読者に何を感じてほしいのかのゴール設定は明確にしましょう。

現在から書きはじめる

自分の生い立ちをストーリーのように書くのなら、現在から書きはじめましょう。

  • 現在
  • 過去
  • 未来

今の自分がどのような人物かを、初めてブログに訪れた読者にも分かるように書きます。

 

過去から書き始めるのはNGです。

誰がこの過去話を語っているのかも知らずに、読者は読みません。

まずは自分に興味をもってもらうことから。

その人に興味があるから過去話も夢中で読めます。

書きはじめは現在の自分からにしましょう。

 

自己紹介でアクセスを伸ばす!次の行動へ誘導させるには

ただ自己紹介を書いていてはもったいないです。

その記事の中でも次への行動を誘導させることができればアクセスがグッと伸びます。

誘導させてリピ客が増える

ふらりと訪れた新しい読者にも記事から記事へ誘導する仕組みを作りましょう。

アクセスを伸ばすには、まず自分のブログ記事から記事へ行き来することです。

内部リンクで次の記事へ促す

自己紹介では、興味がわいた読者に対し、内部リンクを貼りアピールします。

「この健康器具を買ったらダイエットに成功した」というストーリーなら、健康器具を紹介した記事をサラッと貼り付けます。

興味が湧いた読者はそのリンクをクリックし、また自分のブログの他の記事を読んでくれることでしょう。

うまくいけば商品購入までしてくれます。

内部リンクを貼り付けることでブログの離脱率をさげ、アクセス増加につながります。

 

まとめ:ブログの自己紹介で読者を引きつけアクセスは伸びる!

今回はブログの自己紹介を書く時のコツについて解説してきました。

記事のまとめ

  • 自分語りのダラダラ書きはやめる
  • 失敗談のストーリー構成で夢中に
  • 次の行動をうながす工夫を

 

ブログの自己紹介を書くコツは、ストーリー性のある構成作りから。

なんとなく書き始めてはダラダラ書きになります。

読者をひきつける魅力的な記事に仕上げましょう。

次の行動をうながす工夫で読者を逃がさず、アクセスアップもかないます。

-ブログ

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座