ブログ

noindexとは?SEOに効果的な基礎知識を解説!

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・noindexって何?

・noindexはSEOに関係あるの?

・noindexを使う時に気を付けることは?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

私達がブログを制作する時、誰もが必ずGoogleに登録を行うことでユーザーから検索してもらい、サイトを閲覧してもらいます。

サイトを登録することによって、Googleはクロール用botがリンクを辿って、コンテンツ間を移動してwebサイトを検出。

もっともサイトの更新状況によっては、下記のようなクロール用botに見てもらう必要のないものが存在します。

  • 検索結果ページやヒット数が0になっている、重複しているもの
  • クオリティが著しく低いために表示したくないもの
  • キャンペーンページなど、あまり表示する必要のないもの
  • 会員限定・管理画面・ログインなど、特定の人物にしか関係のないもの

 

上記のような見てもらう必要のない要素をあらかじめ分かりやすくすることで

SEO対策を狙うために使用するのが「noindex」です。

 

noindexは様々なメリットがあるのですが、詳しく知らない人も多いでしょう。

しかしブログやサイトを活用するにあたっては、必須知識ともいえるものです。

今回はnoindexについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

noindexについて

noindexはサイト内の特定の記事を、クロール用botにインデックスされたくない時に活用します。

これをある特定の記事に使用すると、クロール用botに閲覧されないようになるため、

ユーザーが検索した際にも全くヒットしなくなるのです。

noindexの設定方法

noindexを設定する手順は簡単です。

クロール用botにに閲覧されたくない記事において、HTML内のheadに以下のタグを差し込む。

それだけで終了です。

<meta name="robots"content="noindex,nofollow">

 

また、以下で有用な設定可能のcontent属性についてまとめておきました。

内部施策などに利用してください。

content属性 内容
index インデックスさせる
follow ページ上のリンクを辿らせる
noindex インデックスさせない
nofollow ページ上のリンクを辿らせない
noshippet スニペットを表示させない
noarchive キャッシュを表示させない
unavailable-after 一定の時間を過ぎたらページを表示させない
noimageindex 画像をインデックスさせない
notranslate 自動翻訳を表示させない

 

noindexがなぜSEOに効果的なのか

それでは、なぜ、noindexをわざわざ使用しなければいけないのでしょうか。

せっかく作ったコンテンツを、クロール用botに閲覧してもらわないように設定するには大きな理由があります。

それはSEO効果を狙うためです。

noindexを利用するページとは

主にサイトの中の下記のようなものに、noindexを適用してください。

  • ヒット数が0になっている、重複してしまうものなど
  • クオリティが良くないもの
  • キャンペーンなど、あまり表示する必要のないもの
  • 会員限定・管理画面・ログインなど、特定の人物にしか関係のないもの

 

上記に該当するものに対して適用することで、無駄なページを排除し、

良質な情報のみ扱っていることをアピールできるのです。

本当にSEOにおいて有用なのか?

上記の具体例で共通しているのは、情報の価値が薄い点であるということです。

こういった質の低いページを多く抱えたサイトであると判断されてしまうと、

悪い印象を与えてしまい、他のページまで検索順位が下がってしまいます。

noindexを活用し、見てもらう意味のないものは削除することで、

ハイクオリティのサイトであると判断され有用なのです。

 

抑えておきたいnoindexの注意点

noindexを使用する際には、抑えておきたい注意点が存在します。

それはサイト全体に適用してしまうことです。

サイト全体にnoindexが適用されてしまうと、クロール用botから全くインデックスされません。

いくら検索しても出てこないという状態になってしまうので要注意です。

noindexを適用する際には、それがどれに対して適用されているのかを確認してから行ってください。

 

noindexとnofollowでSEOに効果的な施策を行う

上記でまとめた表の中でも紹介しましたが、nofollowというものが存在します。

これはページ上のリンクを、クロール用botが辿らなくするようにするものです。

閲覧してもらいたいが、貼ってあるリンクは見てもらいたくない場合には

このnofollwを使用するのが最適になります。

もっともこれらは長期的にはどちらも同じなので、神経質になる必要はありません。

google webmaster central office hoursによる公式情報でも、それが言及されているので

こだわり過ぎて時間を使い過ぎないよう気をつけてください。

 

まとめ noindexを活用してSEOに効果的な対策

今回はサイトを運営するためには必須知識ともいうべき、noindexについて基礎的な情報について紹介しました。

記事のまとめ

noindexで特定のページを閲覧不可能な状態にすること

クオリティの低いページに使用するのが有効

noindex・nofollowに拘らない(長期的にはどちらでも大丈夫)

 

今回紹介したようにnoindexを徹底的に活用することで、

良質なサイトだと認定されるのを目指してください。

それによってSEO対策にもなるので、

コンテンツが溜まってきたらnoindexを使用すべきものがないか、

1度見直してみることをおすすめします。

-ブログ

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座