マインドセット

やる気があるのに行動できない4つの理由と対処法を紹介

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・やる気があるのに行動できないのはなぜ?

・行動できない時はどうすればいいの?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

副業や専業でブログを始めたいと考える人も多いです。

しかし、やる気があるだけで実際に行動するとなると、なかなか踏み出せないと悩んでいる方もいるでしょう。

この記事ではやる気があるのに行動できない理由や対処法を紹介していきます。

 

やる気があるのに行動できない4つの理由

やる気はあるのに行動できない原因としては、以下の場合が挙げられます。

・思い立ったらすぐに行動していない
・やり方が分からない

・他のことで頭がいっぱいになっている
・何事も完璧にやらないと気が済まない

 

主に4つの理由がありますが、中でもすぐに行動していないケースが多いです。

思い立ったらすぐに行動していない

やる気があるのに行動できない方は後回しにする傾向があります。

例えばブログを運営するにあたって、レンタルサーバーの手続きが必要です。

初めて手続きする場合は基本的に手間や時間がかかります。

 

そのため、やる気はあるのになかなか踏み出せず「また時間がある時にすれば良いか」と考えることが多いです。

もしくは、無意識で他にやることを探して作業するのを避けているケースもあります。

例えばレンタルサーバーの手続きをネット検索している時に、YouTubeの動画を発見してそちらに流れると、なかなか戻って来れません。

 

YouTubeの動画を1本だけ見たら作業しようと思いますが、続けて見てしまうといったことが起こります。

その結果、いつでもできるからまた今度で良いかと考えてしまうのです。

このように、やる気があるに行動できないのは作業を後回しにしているからです。

ネットで手続するだけなどのいつでもできる作業は今すぐにしましょう。

やり方が分からない

やる気があるのに行動できない時は単純にやり方が分からないこともあります。

例えばブログの開設には手続きが必要です。

その手続きの方法が分からないと何も行動できません。

その結果、やる気が徐々になくなっていき、最終的には挫折するという状態に陥ります。

やる気を失う前にまずは勉強しましょう。

最近では基本的にネット検索すれば何でも出てきます。

中にはガセ情報もあるので注意が必要ですが、信頼性のあるサイトを見つけ出して、それを参考にしながら作業を進めましょう。

他のことで頭がいっぱいになっている

プライベートや仕事のことで頭がいっぱいになっていると脳に余裕がありません。

やる気はあるのにアレコレしないといけないと考えてしまうので、行動を起こす気力がなくなります。

もし頭に余裕がない状態で新しいことを始めると、どっちつかずになって挫折する可能性が高いです。

その結果、なぜこんなこともできないのかと落ち込む原因にもなります。

何か新しいことを始めたい場合は一度脳の中を整理することが大切です。

新しいことは基本的に脳みそを使うので余裕がないと覚えられません。

まずは仕事やプライベートを落ち着かせてから作業に当たりましょう。

事も完璧にやらないと気が済まない

いわゆる完璧主義者は何かを始めるにあたってパーフェクトを追求しがちです。

例えばブログを始めるにあたって、何をテーマにして、どんな記事を執筆して、どのレンタルサーバーを使うかなど、さまざまなことを考える必要があります。

この場合、完璧主義者は行動を起こす前に何が最善なのか考えてしまいます。

その結果、頭を使いすぎで徐々にやる気がなくなってくるということです。

確かにブログを始める時はテーマや記事の内容は大切ですが、初心者のうちから考えると混乱します。

そのため、まずはとにかく行動することを意識しましょう。

仮に失敗してもブログの場合は取り返しがつくケースも多いです。

初心者のうちからあまり完璧を求めないようにしましょう。

 

やる気があるのに行動できない時は強制力を働かすのもおすすめ

行動を起こすにはとにかく今すぐすることが大切です。

しかし、中にはどうしても行動できない人もいるでしょう。

その場合は強制力が便利です。

例えばあなたが専業でブログ運営をするとしましょう。

この場合に、思い切ってワンルーム程度の作業部屋を借りると強制力が働きます。

作業しないと家賃だけを無駄に支払うことになるので、働かざるを得ません。

このように環境をガラッと変えれば強制力を作り出せます。

もし、この方法が厳しすぎると思う場合は、Twitterで毎日作業することを朝に発信するのもおすすめです。

例えば今日は1記事執筆することをTwitterでツイートすると、なんだかやらないといけないような空気になります。

仮に達成できなかった時にペナルティーがないので強制力が弱いですが、気軽に始められるのでおすすめです。

 

やる気があるのに行動できない4つの理由と対処法 まとめ

今回は、やる気があるのに行動できない理由と対処法について解説しました。

記事のまとめ

・やる気があるのに行動できない時はやり方が分かっていない

・もしくは後回しにしている

・すでに頭が他のことで一杯になっている

やる気があるのに行動できない時は基本的に考えすぎています。

考えるのも大切ですが、その後は必ず行動を起こすようにしましょう。

もしどうしても行動できない時は強制力を作るのもおすすめです。

特に本気で何かを始めたい時は強制力は高い効果があります。

 

やる気に行動を伴わせるのは難しいと思ってしまうかもしれませんが、

その理由を理解したうえで、対処法を一つずつクリアしていくことで

行動することが伴ってきますよ。

-マインドセット

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座