LINE@

FacebookからLINE@への集客方法とは?3つの方法を解説

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

  • FacebookからLINE@に登録してもらう意味ってあるのかな
  • FacebookからLINE@に登録してもらう方法を知りたい

この記事ではこのような悩みが解決できます。

LINE@の友だちが増えず、SNSから登録を促そうと考える方もいるでしょう。

本記事ではFacebookからLINE@に登録してもらう方法を解説。またFacebookから直接成約するのではダメなのか?ということについても解説してきます。

LINE@の友だちを増やしたいと考えている方は最後までじっくりご覧ください。

 

そもそもFacebookからLINE@に登録してもらう意味とは?

「そもそもFacebookからLINE@に登録する意味があるのか」と疑問に感じる方もいることでしょう。

集客したりサービスを売り込みたいと考えているならFacebookから直接でもできますからね。

LINE@を経由してサービスを紹介する意味は以下の通りになっています。

  • お知らせを見てもらいやすい
  • 逐一発信できる
  • データを取りやすい

以下で詳しく解説していきます。

お知らせを見てもらいやすい

Facebookに比べて、LINE@で告知した方が見られる可能性が高いと言えます。

その理由は以下の通り。

  • LINEはFacebookに比べて開く回数が多い
  • LINEはメッセージが届いた際に通知がいくことが多い

Facebookはアカウントがあったとしても、開く頻度が少ないことも多いです。そのためせっかく投稿をしても見てもらえる可能性が低くなってしまいます。

一方でLINEなら通知がいくことも多く、通知を切っていても他の人とのやりとりをする際にメッセージが来ていることに気づきやすいです。

お知らせする情報の中には、期間限定のお知らせもあるでしょう。

Facebookで期間限定のお得情報を発信しても、期間が終わってから見られては意味がありません。

LINE@の方が期間内にお知らせを見てもらいやすいので、より成約率も高いと言えます。

お得になれば購入・利用したいと考えているユーザーから成約を取りやすい

LINE@で友だち追加するユーザーの中には、サービス自体は気になっているけど価格が高くて利用を見送っているユーザーもいます。

そのようなユーザーに対して、お得情報を逐一届けることで成約率がグッと高まります。

セールのチラシを見たユーザーの購買意欲が高まるのと同じで、値引きは有効な手段です。

LINE@に登録してもらうことで、ユーザーがセールを知らないという機会損失を防ぐことに繋がります。

結果的にLINE@で友だちを増やした方が売上が伸びることも多いです。

データを取りやすい

LINE@ではデータ分析をすることができ、友だちの数やブロックされている人の数まで分かります。

また友だち追加しているユーザーの性別や年齢割合などもデータとして表示されるため、今後の戦略を立てる上で参考になりやすいです。

広告から成約率を高めるためにはデータを分析して改善していく行為が必要不可欠。

Facebookに比べてLINE@はデータの分析がやりやすいため、売上も伸ばしやすいと言えます。

 

FacebookからLINE@に集客する3つの方法

Facebookから直接集客するのではなく、LINE@を通して集客する意味は理解してもらえたでしょうか?

以下では、実際にFacebookを通じてLINE@に集客するのかということを解説していきます。

方法1:Facebookの投稿にLINE@のURLやID、QRコードを貼る

Facebookで投稿した際に、LINE@に登録してもらうための導線を入れておく方法です。

  • クリックしたらLINE@に飛ぶURLを入れる
  • IDを記載してユーザーに検索してもらう
  • LINEで友だち追加するためのQRコードを貼る

投稿からLINE@に登録してもらうためには、以上の3つの方法があります。この中でFacebookを通じて集客するならURL一択です。

ID検索はユーザーが面倒と感じることが多いため追加してもらえる可能性がかなり低くなってしまいます。

QRコードの場合、コードを保存するという手間がかかってしまうためこちらもユーザーの手間が増えてしまいます。

クリックしてすぐにLINE@にアクセスできれば、あとはユーザーが友だち追加ボタンを押すだけです。

手間も少なく、5秒あれば友だち登録できるので最も効率的な方法と言えます。

方法2:FacebookのプロフィールにLINE@のURLやIDを貼る

投稿を見たユーザーがあなたのプロフィールを見て、LINE@への導線があれば登録してもらえることがあります。

例えばレストランの投稿。美味しそうな料理の写真を投稿し、投稿を見た人があなたの料理を食べたいと思えば、「どこで食べられるのか」と気になりプロフィールを覗くことでしょう。

そのプロフィールに「お得情報はこちら」といったキャッチコピーでLINE@に登録できるURLやID名を入れておくことで集客することができます。

先ほども述べたように、集客を考えるならクリックだけで友だち追加画面に移動できるURLの設置がおすすめです。

プロフィールを見てもらうという条件はありますが、投稿にLINE@のURLが入っていない場合でも友だち追加してもらえる可能性が上がるため使わない手はないですよ。

方法3:Facebookの広告機能を利用する

広告機能を利用することで、Facebookの友だちでない人にも投稿を見てもらえるチャンスが広がります。

広告機能+上で紹介した2つの方法を使えばより集客スピードを高めることができます。

ただし広告はタダではありません。しっかりと集客状況を分析し、改善を続けていくことが重要です。

より早く集客をしたいと考えている方には広告機能を利用することもおすすめです。

 

facebookからLINE@への集客方法まとめ

FacebookからLINE@に集客する方法を紹介しました。

今回紹介した方法は以下の通りです。

記事のまとめ

  • 投稿にLINE@の友だち追加のURLを記載する
  • プロフィールに友だち追加のURLを載せておく
  • Facebookの広告を利用する

今回はFacebookからLINE@の集客方法を解説しましたが、おすすめは両方使って集客することです。

両方のサービスをうまく活用して、売上が伸びることを願っています。

-LINE@

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座