ブログ

狙ったキーワードで検索上位を取るために知っておくべき5つのコツは?

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>


悩む人

  • キーワードを考えて書いているのに全然10位以内に入らない
  • どうすれば書いた記事が読まれるのかな
  • 10位以内には入っているけど狙っているキーワードではない

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

せっかく頑張って記事を書いても、検索で10位以内に入っていないとまず読まれません。

本記事では、狙ったキーワードが検索上位に入るコツを完全無料で公開

記事が10位以内にならず、有料コンサルや高額な商材を利用するか悩むあなたはまず紹介しているコツを試してみてください。

この記事を書いている私も過去に狙ったキーワードで1位を取った実績があるので安心してご覧くださいね。

ただし本記事はキーワード選定のやり方を既に知っている方向けの記事です。

キーワード選定を知らない方は、【初心者でも分かる】SEOキーワードを選定する方法とポイントを先に読むことでより理解度が深まります。

 

狙ったキーワードで検索上位を取るためのコツ5選

検索上位を取るために知っておくべきコツは以下の5つです。

  • とにかく詳しく・分かりやすい記事を書く
  • タイトル・見出しに狙っているキーワードを含める
  • タイトルを見てもっと読みたいと思うようにする
  • 他のサイトを参考にして厳しいと思ったら書かない選択もアリ
  • 内部リンクを入れてクローラーの巡回を促す

それぞれのコツについて、詳しく解説していきます。

【コツ1】同一キーワードで上位の記事よりも詳しく分かりやすく書く

上位を取っている記事に比べてより詳しく、より分かりやすいコンテンツを作成しましょう。

情報量が多く分かりやすい記事の方が読者の抱える問題を解決しやすいからです。

例えば「東京 焼き肉 おすすめ」というワード。検索1位の記事が次のような内容だとします。

  • 東京都内にある焼肉店の中から人気のおすすめ7店舗紹介
  • メニュー・コースごとの料金を紹介
  • 飲み放題プランの料金

あなたのサイトが上位を狙う場合は、以下の要素も加えることでより詳しく分かりやすい記事になります。

  • 10店舗分のお店の地図
  • 人気コース・料理はどれか
  • 開店時間・閉店時間は何時なのか
  • 禁煙・喫煙はどうなっているのか
  • 無料で使える駐車場の有無
  • ネットで予約は可否
  • 支払い方法でカードやバーコード決済は利用可能か?

サイトを見るユーザーが知りたいことをより詳しく記載していくことで、サイト評価も高まり検索上位の可能性も高まります。

そのため記事を書く際は上位トップ10の内容を見て、どんな要素を加えれば詳しいサイトになるのかを考えることが重要です。

【コツ2】タイトル・見出しに狙うキーワードを入れる

見出しやタイトルに狙っているキーワードを入れることで、Googleは「このキーワードで記事を書いている」と判断しやすくなります。

結果として10位以内に入りやすくなります。

タイトル・見出しに狙うキーワードを入れるときのポイントは以下の4つです。

  • タイトル(h1)には狙うキーワードを全て入れる
  • 大見出し(h2)にも不自然にならない文章になるよう狙うキーワードを全部入れる
  • 中見出し(h3)には狙うキーワードの語句のうち一つ以上入るようにする
  • 小見出し(h4)はキーワードをそこまで気にしなくていい

タイトルや大見出しは、GoogleのAIが特に評価するポイントなので、必ずキーワードを入れるよう心がけましょう。

中見出しにもキーワードを入れることが望ましいです。しかしタイトルや大見出しほど重要度は高くないです。そのためユーザーが読んでいて不自然と思わない程度にキーワードを詰め込みましょう。

小見出しは中見出しに比べてさらに重要度が低いです。そのためGoogleからの評価も小さいのであまり気にする必要は無いと言えます。

本記事でも「キーワード 検索上位 コツ」というワードをできるだけ入れるようにしています。

見出しにキーワードが入っているのかは順位決定に大きな影響を与えるので、意識的に入れるようにしましょう。

【コツ3】読者がクリックしたいと思うタイトルを付ける

ユーザーがクリックしたいと思うタイトルを付けることで、クリック率が高くなります。

クリック率が高ければ記事の評価が高まり、より検索上位に上がりやすくなります。

クリック率を高めるためにも、クリックしたくなるようなタイトルを付けることは重要です。

タイトルの付け方は、以下の記事で詳しく解説しています。
>>タイトルのつけ方でクリック率アップ!35文字の攻略方法を徹底解説

【コツ4】競合サイトが強い記事は書かないor後回しにする

サイト内に記事が少ないときほど、強い競合サイトが上位を独占しているような記事を書くのは避けましょう。

ブログは個のページが強いことも重要ですが、サイト全体の評価が高いことも重要だからです。

まずは競合の弱いキーワードで上位を取りつつ、最終的に強いキーワードを狙って記事を書くことで上位表示の可能性もグッと高まります。

【コツ5】内部リンクを使って回遊率の高いサイトにする

回遊率の高いサイトを構築することによって、Googleのロボットがサイト内を巡回しやすくなります。

ロボットが巡回することで、良質な記事が正当な評価を受けやすくなり、結果として検索上位に表示されやすくなります。

回遊率の高いサイトにするためにも内部リンクを利用して、ユーザーやロボットが次に読むべき記事を教えてあげましょう。

 

検索上位のコツを取り入れても狙ったキーワードで上位を取れない原因とは?

以上では狙ったキーワードで検索上位を取るためのコツを5つ紹介してきました。

しかし紹介したコツを実際に試しても10位以内に入らないことは十分にありえます。

以下では上位表示されないときの原因を5つ紹介していきます。

他のサイトのドメインパワーが強い

サイトにはそれぞれドメインパワーがあり、ドメインパワーが強いサイトほど10位以内に入りやすいです。

ドメインパワーを決める要因は以下の通り。

  • 被リンクの数
  • それぞれの記事の質
  • ユーザーの滞在時間

残念ながらすぐにドメインパワーを上げることは難しいです。

しかし被リンクを獲得するにも、ユーザーの滞在時間を伸ばす場合も良い記事が不可欠。

半年後、1年後に複数の記事で上位を取るためにも、しっかりと高い品質の記事を書いてドメインパワーが上がるようにしていきましょう。

YMYLジャンルの記事・サイトである

YMYLはYour Money or Your Lifeの略で、お金や健康に関わる記事のことです。

上位表示されなくて困っているあなたの記事も、もしかしたらYMYLジャンルの記事かもしれません。

具体的には以下の内容がYMYLジャンルに当てはまります。

  • 通販など決済が生じるサイト
  • 投資や不動産など金融情報に関する内容
  • 薬や医療など健康に関する内容
  • 遺書や裁判などの法律に関する内容
  • 災害や公的機関についての内容

たとえば病気についての記事。

素人が収益目的のために書いたサイトが上位に表示されてしまっては、読者が間違った医療を信じてしまい、デマが蔓延してしまいます。

命に関わることなのに、ウソの情報が混じっていては安心できませんよね。

仮に間違った情報を信じて重い病気になってしまったら誰が責任を取るのかという事態にもなってしまいます。

命に関わるようなそういった記事は医者が書いていたり、病院が運営していたりするサイトしか基本的に上位表示されません。

書いた記事がYMYLジャンルに当てはまらないかを確認しましょう。

サイト内で記事の内容が被っている

サイト内で同じような内容の記事が複数ある場合、Googleからの評価が分散されてしまいます。

評価が分散されると、せっかく良い記事を書いても評価が下がることに繋がります。

「詳しくはこちらの記事で解説しています。」などの文句で内部リンクを送ることでユーザーの利便性を高めつつ被りを無くすことが可能です。

サイト内で同じような記事ばかり書いていても同様に順位が上がりづらくなるため、一つひとつの記事にオリジナリティが出るようにしましょう。

サイトの専門性で競合サイトに劣っている

専門性の高い特化サイトと、様々なことが書かれているサイトである雑記ブログが同じキーワードで記事を書く場合、専門性の高いサイトの方が上位表示されやすいです。

Googleの順位決定要素の一つに、専門性という項目があるからです。

もし雑記ブログを運営しているのであれば、ちょっとジャンルを減らしてみることで専門性が高まりますよ。

同じジャンルについて様々な記事がある専門的なサイトの方が検索上位を取りやすいことを理解しておきましょう。

記事を書いてあまり時間が経過していない

記事を書いて3ヶ月、サイトを開設してから半年以上経っていないと検索上位は取りづらいです。

書いたばかりの記事や開設して間もないサイトだと、信頼度が低く正当に評価してもらえないのが原因です。

私自身もサイトを開設して、半年してから急に順位が上がった経験を何度もしています。また書いた記事が3ヶ月ぐらい経ってようやく一桁の順位になったこともあります。

書いてすぐ結果が出るわけではないので、記事を書いてからはしばらく待ちましょう。

 

検索上位に入るために必須のツール3選

ここまでGoogle検索のトップ10を取るためのコツや、上位になれない場合に考えられる原因を紹介してきました。

しかし記事は書くだけで終わりでなく、書いた後の分析も非常に重要です。

以下では記事の分析に役立つツールを3つ紹介していきます。

検索上位に欠かせないツール1:Search Console

Search Consoleはインデックス登録をしたり、キーワードごとの表示回数などを調べたりできます。

サイトの健康状態も確認できるサービスで、サイトに不具合が発生した際にもメールにて通知してくれるので、いち早く改善することができます。

Googleの不具合によって、サイトのインデックスが消されてしまった際も、Search Consoleを使うことで対処することができました。

こちらも以下より無料で登録できます。
>>Search Console

検索上位に欠かせないツール2:Google Analytics

Google Analyticsは名前の通りサイトの分析をできるサービスです。

アクセス数の分析や、ユーザーの直帰率・滞在時間を分析をするのに利用します。

アクセス数が増えている記事が分かれば、その記事を参考に他の記事も作ることでより上位表示の難易度も下がってきますよ。

Google Analyticsは以下より無料で利用できます。

>>Google Analytics

検索上位に欠かせないツール3:順位検索ツール

狙ったキーワードに対して、記事が何位なのか調べるツールです。

検索樹に取得ツールのおすすめは以下の2つ。

  • Rank Tracker
  • GRC

どちらも有料のツールにはなりますが、順位の変動を自動で調べてくれるので検索上位を狙うブロガーにとって必須のツールと言えます。

記事の順位が伸び悩んでいればリライトをするなどの対策も取れるため、ブログを伸ばす上で非常に役立ちます。

 

狙ったキーワードで検索上位を取るためのコツまとめ

今回は、狙ったキーワードで10位以内を取るコツを紹介してきました。

本記事で紹介したコツをまとめると以下のようになります。

記事のまとめ

  • 同一キーワードで上位の記事よりも詳しく分かりやすく書く
  • タイトル・見出しに狙うキーワードを入れる
  • 読者がクリックしたいと思うタイトルを付ける
  • 競合サイトが強い記事は書かないor後回しにする
  • 内部リンクを使ってサイト内での回遊率を高める

紹介したコツを実践することで、私も過去に10位以内の表示を何度も経験しています。

1つ1つ実践してみて3ヶ月後、半年後にTOP10の記事を量産できるようにしていきませんか?

-ブログ

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座