メルマガ

メルマガのベストな配信頻度とは【やりすぎると逆効果】

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・メルマガにはベストな配信頻度があるの?

・配信頻度が多すぎるとどうなるの?

・配信頻度以外に気を付けることはあるの?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

メルマガは集客の効果があるので、商品を宣伝したい時に便利な方法の一つです。

しかしメルマガ運営をするにあたって配信頻度に悩む方は多いです。

メルマガ運営の経験が少ないなら毎日配信すれば良いのか、週に1回程度で良いのか分からないと思います。

そこでメルマガの理想的な配信頻度を紹介していきます。

メルマガ作成時の注意点も紹介しているので合わせて押さえておきましょう。

 

メルマガの配信頻度は週に1回で十分な効果を得られる

結論を先にお伝えすると、メルマガの配信頻度は基本的に1回程度がベストです。

週に1回程度にしておくと読者との距離を程よく縮めることができます。

とはいえ、本当に週に1回が良いのか分からないという方もいるでしょう。

そこで配信頻度が週に1回以上、1回未満になるとどういったことになるのか見ていきたいと思います。

配信頻度が多すぎるとうっとうしい

毎日メルマガを配信していると利用者はうっとうしく感じます。

仮に、毎日のように同じ内容のメルマガが届くと解約したくなりますよね。

さらに、毎日配信はメルマガを作成する方も大変です。

例えばメルマガでSEOに関する情報を配信していたとしましょう。

SEOの知識は奥が深いので最初の方はネタ集めに苦労しませんが、2~3カ月もするとネタ切れになります。

ネタが切れると過去に配信した内容と似たようなものになるでしょう。

このように、メルマガの配信頻度を毎日にするとコンテンツが薄くなるというデメリットがあります。

メルマガは読者に飽きられないように、日々魅力的なコンテンツを作成することが大切です。

毎日配信という目標は素晴らしいですが、質が伴っていないと意味がありません。

そのため、十分な時間が取れる週に1回の配信頻度が最適ということです。

配信頻度が少なぎると忘れられる

配信頻度が月に1回など少なすぎると、読者がメルマガの存在を忘れる可能性があります。

確かに月に1回の配信頻度にするとメルマガのコンテンツは充実するでしょう。

その結果、読者に満足してもらえますが、そもそも読んでもらえないなら意味がありません。

メルマガの最大の目的は読者に読んでもらうことにあります。

そのため読者に忘れられないであろう週に1回の配信頻度がおすすめです。

このようにメルマガの配信頻度は週に1回程度が良いですが、場合によっては毎日配信や月に1回配信の方が良いケースもあります。

 

メルマガの配信頻度は必ずしも週に1回がベストではない!

メルマガの配信頻度を高くすると読者に飽きられやすく、解約率が上がるというデメリットがあります。

逆に低くすると読者に忘れられて読んでもらえないかもしれません。

このように、メルマガの配信頻度を高くする・低くするとデメリットありますが、メリットもあります。

メルマガの配信頻度を高くするメリット
・読者との信頼関係が濃くなる
・コンバージョン(収益化)する可能性が高くなる
・情報収集ツールとして役立つ
メルマガの配信頻度を低くするメリット
・内容が濃くなる
・希少性が生まれる
・メルマガ作成に苦労しない

こういったメリットから週に1回ではなく、配信頻度を高く・低くした方が良いコンテンツもあります。

配信頻度を高くした方が良いコンテンツ

メルマガの配信頻度を高くした方が良いケースは以下の通りです。

・キャンペーン情報
・商品を購入するかどうかの検討度が低い読者に向けた情報

読者に有益な情報をもたらすメルマガを配信する場合は配信頻度を上げた方が良いです。

 

特に安売りなどのキャンペーン情報を発信することで、コンバージョンにもつながります。

そして、商品の購入を迷っている人を対象にするメルマガを配信する場合も、配信頻度を高くするのがおすすめです。

商品を購入するかどうか悩んでいる人は基本的に、商品の効果や値段、口コミなど有益な情報を求めています。

その目的に合致するメルマガを配信すれば、読者に興味を持ってもらえて信頼度を上げられるでしょう。

このように、読者のためになるメルマガは配信頻度を高くしても良いです。

ただ、あくまでメルマガの内容が充実しているという前提があります。

配信頻度を高くするにあたって、情報が不足しないように気を付けましょう。

配信頻度を低くした方が良いコンテンツ

以下のメルマガは配信頻度を低くした方が良いです。

・単価が高い商品
・紹介する商品の興味度が高い

これらの条件に当てはまるメルマガなら配信頻度を低くした方が良いです。

 

仮に単価が高い商品を定期的に配信していると押し売り感が強く、解約率が上がります。

商品の興味度が高い人に対しても、毎日配信すると内容が薄くなりがちです。

興味がある人はすでに知識がある場合が多いので、内容が薄いと魅力的に感じず解約されるでしょう。

そのため、単価が高い商品や商品への興味度が高い場合のメルマガは配信頻度を低くして、内容を濃くした方が良いです。

特に、ネット検索では得られないような情報があるとより効果があります。

配信頻度が分からない場合は同業他社をマネするのもおすすめ

配信頻度を選ぶ基準を簡単にご紹介しましたが、自分のメルマガがどこに当たるのか分からない方もいるでしょう。

その場合は同業他社を参考にしてください。

同業他社が配信するメルマガに登録してすると配信頻度を知れます。

その他にも2~3社程度見ると平均的な配信頻度を出せるので、その回数を配信頻度にすると良いでしょう。

 

【逆効果】配信頻度以外に気を付けたい2つのポイント

メルマガは配信頻度によって解約率が上がりますが、その他にも逆効果になることがあります。

・求めている情報がない
・文字数が多すぎる

この2つを意識しないと解約率が下がるので注意が必要です。

 

求めている情報がない

メルマガを利用する人は情報がほしいから登録しているのです。

それにもかかわらず、ためにならない配信者の日記など自分勝手なことを書いていると読まれません。

個人的な感想を載せるのが完全に悪いということではありませんが、場合によります。

例えば商品のレビューなどは読者にとって有益な情報なので喜ばれる可能性は高いです。

このような例外もありますが、何よりも読者のためになる情報を配信することを意識しましょう。

文字数が多すぎる

メルマガは気軽に有益な情報を入手できることが魅力なので、無駄に長い文章は嫌がられます。

そのうえ、無駄なことが多いと結局何を伝えたいのか分からず、メルマガの効果がありません。

メルマガを作成すると時は伝えたいことを短く簡潔にまとめましょう。

具体的には1000文字程度、最大でも2500文字以内に収めると読者が飽きにくいです。

 

まとめ:メルマガの配信頻度は基本週に1回がおすすめ

今回はメルマガのベストな配信頻度いついて、注意する点なども含めて解説しました。

記事のまとめ

・メルマガの配信頻度は週に1回が効果的

・ただ、内容によっては週に1回以上・未満にした方が良いこともある

・同業他社の配信頻度を調査するのもおすすめ

 

メルマガの配信頻度は基本的に週に1回が理想的です。

週に1回ならネタが切れずにコンテンツが充実します。

ただ、すべてのメルマガにおいて週に1回が最適かというとそうではありません。

取り扱うジャンルによっても異なるので、同業他社の配信頻度を調査するのもおすすめです。

後は自分なりにどれくらいの配信頻度にすれば、解約率が下がってコンバージョン率が上がるのか調査していくと良いでしょう。

-メルマガ

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座