ワードプレス

WordPressにセキュリティ対策は必要?5つの対処法も解説

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・WordPressってセキュリティ対策が必要なの?

・どんな対策があるの?

・セキュリティレベルを上げる方法を知りたい!

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

WordPressはサイト運営するのに便利なので利用している方が多いです。

利用者が多いと聞くと安全性が高いように聞こえますが、

実際セキュリティ対策をする必要があるのでしょうか?

今回はWordPressのセキュリティ対策についてご紹介していきたいと思います。

 

WordPressにセキュリティ対策は必要!

WordPressにセキュリティ対策をしておかないと以下のリスクがあります。

・不正ログインされてサイトを改ざんされる
・プログラムの脆弱性を狙って攻撃される
・過剰なデータを送り込まれて攻撃される

セキュリティ対策がしっかりしていないとこれらの攻撃をもろに受けてしまいます。

また、WordPress運営者が気付かないように少しずつ改ざんしていくケースも厄介です。

少しずつ改ざんされると発見が遅れて、多大な損害を被る可能性があります。

そのうえ、WordPressはハッカーに狙われやすいという特徴があります。

WordPressが狙われる3つの理由

ハッカーがWordPressを狙う理由は以下の3つです。

・世界中に利用者がいるのでターゲットになりやすい
・構造がパターン化している
・構築システムが公開されているので脆弱性を見つけやすい

WordPressの場合は知名度が高いので利用者も多く、

利用者が多いということはハッカーからすると狙える人が多いとも言えます。

 

非常に効率が良いのでWordPressは狙われやすいのです。

また、WordPressではプログラムのコードが公開されているので脆弱性を発見しやすく、それを見つけられると攻撃するのは簡単です。

WordPressのセキュリティレベルを確認する方法

WordPressのセキュリティレベルは以下のサイトを利用することで調べられます。

これらのサイトでは、WEBサイト上でセキュリティレベルを確認できます。

アプリをインストールする必要はなく、運営しているWordPressのURLを入力するだけです。

簡単に利用できるので、セキュリティに不安を感じる方は一度試してみるのも良いでしょう。

もし上記のサイトで診断した結果、セキュリティレベルが低かったという場合は以下の対策を取ってみてください。

 

WordPressでできる5つのセキュリティ対策

以下のことをするとセキュリティレベルを上げられます。

・パソコンを最新の状態にする
・最新の状態のWordPressを使う
・パスワードを定期的に変える
・ユーザーを2つ以上作成して使い分ける
・プラグインを利用する

この5つを実行するとハッキングを防げる可能性が非常に高くなります。

では5つの対策ポイントを詳しく見ていきますね。

 

パソコンを最新の状態にする

WindowsやMacなどのパソコンは定期的にアップデートされています。

アップデート内容にはセキュリティ対策の向上が含まれることも多いです。

仮にずっと同じ状態で使っている脆弱になってくるので、ハッキングされるリスクが上がります。

WordPress以外に他のソフトのセキュリティレベルも上げられるのでアップデートは必須です。

また、普段使っているブラウザの状態も最新のものにする必要があります。

WordPressは基本的にブラウザを経由して使うので、ブラウザが古い状態だと危険です。

最新の状態のWordPressを使う

WordPressも定期的にアップデートを行っています。

最新状態のWordPressではバグの修正やセキュリティレベルの向上などを含んでいます。

パソコンのアップデートだけでなく、WordPressも同じ状態で使い続けると脆弱性が強くなるので危険です。

WordPressのアップデートは管理画面の「ダッシュボード」から確認できるので、定期的にのぞいておくと良いでしょう。

パスワードを定期的に変える

WordPressではログインする際にパスワードを入力しますが、定期的に変えた方がセキュリティ的には安全です。

そして、パスワードを設定する時はできるだけ複雑なものにする必要があります。

例えば「abcd1234」といった簡単なものならすぐに見破られるので危険です。

一方で英数字が混ぜられた10桁のパスワードならそう簡単には見破られません。

もし、自分で複雑なパスワードを作れないという方は以下の方法を利用すればランダムで生成してくれます。

1.WordPressの管理画面にある「ユーザー」から「プロフィール」を選ぶ
2.プロフィール画面にある「アカウント管理」を探す
3.新しいパスワードという項目に自動で生成されている
4.最後にページ下にある設定の更新ボタンを押す

ユーザーを2つ以上作成して使い分ける

管理者ユーザーとは別に記事作成専用のユーザーを作るのもおすすめです。

というのも、WordPressのテーマにもよりますが、記事を公開した時に管理者の名前が載ることもあります。

名前が公開されると悪用されるかもしれません。

一方で、記事を作成して公開するようのアカウントを作っておけば、管理者の情報が洩れる可能性を減らせます。

ちなみにユーザーの追加はWordPressの管理画面から、「ユーザー」にある「新規追加」です。

プラグインを利用する

WordPressのセキュリティ対策としてプラグインを使うのもおすすめです。

プラグインを利用すれば簡単に対策できます。

セキュリティ用のプラグインは複数ありますが、中でも「SiteGuard WP Plugin」がおすすめです。

SiteGuard WP Pluginは国産のプラグインなので日本語にも対応しています。

国産という安心感と、日本語なので理解しやすいという2点が優秀です。

そのうえ、プラグインをインストールして有効化すれば機能するので、特別な設定は必要ありません。

今すぐにセキュリティ対策ができるのでおすすめですよ。

 

セキュリティ対策以外にバックアップすることも大切

ご紹介した対策を取ればセキュリティレベルは上がりますが、それでも絶対にハッキングされるわけではありません。

万が一に備えてバックアップを取ることも大切です。

バックアップを取っておけば、仮に被害を受けてもゼロから復旧せずに済みます。

そしてWordPressでバックアップを取るなら「BackWPUp」というプラグインがおすすめです。

BackWPUpは自動でバックアップを取ることもできるので、いちいちバックアップの操作をする必要がありません。

バックアップが面倒だという人におすすめです。

 

WordPressを安心して使うにはセキュリティ対策が必要!

今回は、WordPressのセキュリティ対策について解説しました。

記事のまとめ

・WordPressはハッカーから狙われやすいのでセキュリティ対策が必須

・対策するにはプラグインの利用やパスワードの変更などが効果的

・もしハッキングされた時のことを考えてバックアップを取ることも大切

 

WordPressは利用者が多いですが、必ずしも安全というわけではありません。

セキュリティ対策を取っておかないとハッキングされる可能性もあります。

WordPressだから安心して使えるというわけではないということはしっかりと頭の中に入れておくようにしましょう。

-ワードプレス

© 2021 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座