ワードプレス

WordPress(ワードプレス)って何?初心者のための設定から使い方まで

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

  • WordPressってワードとは違うの?
  • WordPressの使い方は?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

どうも、サモハンです。

ブログを書くのに近年、WordPressを使っている人をよく見かけます。「WordPressってワードとは違うの?」という質問もよく聞かれますが、WordPressはWordとは別物です。ここではWordPressの特徴やインストールの仕方、使い方についてご紹介します。

 

そもそも、WordPressって何?

長年、マイクロソフトのエディタソフト「Word」を使ってきた人は「WordPress」と聞いてWordの親戚かと思う人も多いようです。しかし、実際にはまったく関係はありません。

WordPressとは、一言でいうと「ブログやサイトを簡単に作ることが出来るソフト」のことです。

 

WordPressは世界シェアNo.1のCMS

WordPressは世界で60%以上の人が使っている、トップシェアのCMSです。CMSとは「コンテンツ管理システム」と言って、ブログやサイトを作ることができるソフトの総称で、WordPressとはそのひとつのメーカーであり商品名です。

 

WordPressはブログでもあり、HPも作れる

またWordPressはブログもホームページもできることができます。こう言うとますますわけがわからなくなる初心者の方もおられるかも知れませんが、WordPressはブログパーツ、ヘッダー、フッター、サイドバー、お問い合わせページ、固定ページなど各パーツに分かれており、それを組み合わせることで、自分好みにカスタマイズができるのです。

本格的に作ろうとするとCSSやPHPなどの言語も必要となりますが、ドラッグ&ドロップやプラグインで各パーツを追加するだけでも、特別な言語の知識がなくてもある程度のホームページが作れます。また、他のブログシステムと違い商用利用も可で、広告も入らない、そしてなにより基本的には無料で使えることから人気が高いCMSだと言えます。

 

 

初心者向けWordPressの始め方・使い方

では、WordPressを個人や企業ではじめるにはどうすればいいのでしょうか?順を追ってご紹介します。

 

初心者向けWordPressの始め方・使い方①まずはサーバーを借りる

まずはサーバーを借りなくてはいけません。ブログをはじめるのにサーバーまで借りるとなるとハードルが高い人もいるでしょう。

個人ならロリポップ、エックスサーバーなどそこそこ安定性があって低価格なものでもいいですが、企業なら安定していることはもちろん、セキュリティーもしっかりしたレンタルサーバーが必要です。

サーバーのレンタル先を決めたら、こんどはWordPressをインストールします。普通、ホームページなどの作成ソフトは、自分のパソコンにインストールしますが、このWordPressは、インターネット上のコンピューターにインストールするイメージです。

ですからインターネット環境があれば、スマホやタブレットからでも記事の更新ができてとても便利です。

インターネット上のコンピューターにインストールすると言っても、レンタルサーバーのホームページにやり方が詳しく出ていますし、指示に従っているうちに出来てしまうので心配は無用です。

 

初心者向けWordPressの始め方・使い方②必要なら独自のドメインを取得する

次に必要であれば、独自のドメインを取得します。これはレンタルサーバーの会社と提携しているドメイン取得のための会社で契約する場合が多いです。ちなみにドメインとは、ホームページのアドレスのhttp;//〇〇.○○.com の○○の部分です。

ドメインを取得しないと例えば○○○.ciao.jpなどレンタルサーバー独自のドメインとなってしまい、オリジナリティーがありません。特に企業などでは、独自にドメインを取って「○○.kameshoji.com」などのように独自のアドレスにしたいところですね。

 

初心者向けWordPressの始め方・使い方③テーマやデザインを決める

サーバーに無事WordPressがインストールできて、独自ドメインが取得できたら、こんどはいよいよ、ブログのデザインを決めていきます。まずはブログの「テーマ」を決めましょう。

「テーマ」とはWordPress独自の言い回しで、ブログのデザインのことです。WordPressのダッシュボードの中には、いろいろなデザインのテーマがたくさんあるので、その中から好みのデザインを選びます。

最初はあまり複雑なものは避け、ベーシックでシンプルなものを選ぶといいでしょう。ブログを作っているうちに、いろいろなデザインのテーマに変えてみるのもいいと思います。

ある程度骨組みが出来たら、「メニュー」ページからグローバルメニューを表示させてみましょう。それからいよいよ執筆です。何も記事を書いてないうちは、トップページにはなにも表示されていませんが、記事が増えるにつれてトップページに表示されていきます。

ある程度記事が増えたら、カテゴリーで分けたり、グローバルメニューからプルダウンして記事が表示されるようにしてみましょう。

 

初心者向けWordPressの始め方・使い方④プラグインを追加してみる

次に「プラグイン」と呼ばれるパーツを追加していきます。ヘッダーやフッター、サイドバー

そしてブログはプラグインの追加なくてそのまま使えますが、SNSボタンなどは「Korean SNS」などのプラグインを選んで追加、設定でどのSNSを表示させるかを選べば、好みのSNSだけが投稿ページに表示されるしくみになっています。

また、タグ打ちで作るのはとても難しい「お問い合わせページ」などは「Contact7」などのプラグインを追加し、ショートコードなどを固定ページに貼り付けたりするだけで、お問い合わせページができる手軽さです。

 

 

WordPressを使うメリット・デメリット

それでは、WordPressを使うメリット、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

 

WordPressを使うメリット

まずWordPressを使うメリットですが、WordPressのテーマはおしゃれなものが多いので、おしゃれなホームページやブログができるということです。

それに商用利用もOK、広告も表示されない、無料で使えるということがあります。ただしテーマによっては有料で販売しているものもあり、7000円程度でより高機能でおしゃれなものが使えます。

 

WordPressを使うデメリット

ではWordPressを使うデメリットは何でしょうか?今までのホームページ制作の概念とはまったく違う、サーバーにインストールする形式なので、それにまず戸惑う人も多いでしょう。

それにサーバーをレンタルに加えてドメインを取得するのも初心者の方にはハードルが高いかも知れません。

また、WordPressは初心者でも簡単にホームページやブログができると謳っていますが、実際にはそれほど簡単でない場合もあります。

それは追加するだけでいろいろな機能が使える「プラグイン」がネックになっている場合が多いです。

プラグインとテーマやWordPressのバージョンの相性が悪いと、インストールすることができないばかりか、突然自分のWordPressが表示できなくなる場合もあります。ひどい場合にはダッシュボードにさえ入れず、作成画面にアクセスできないこともあります。

こうなるともうレンタルサーバー会社のホームページから一旦新規で追加したプラグインを削除しなければならなくなりますので、初心者の方では手に負えなくなることもあります。

 

 

まとめ

ここでは世界シェアNo.1のCMSであるWordPressとは何か?その設置の仕方や使い方についてご紹介してきました。

WordPressはパーツを組み合わせて行くことで、簡単におしゃれなホームページが無料で作ることができ、また広告が入らないというのもポイントが高いです。

プラグインを追加することでSNSボタンやお問い合わせページなどが簡単にできるのですが、WordPressのバージョンやテーマとプラグインの相性が悪いと、画面が真っ白となってしまう場合もあり、初心者にはハードルが高い一面も持ち合わせています。

そのため、使い始めはできるだけシンプルなテーマ、プラグインも最小限にするなど、使い方に工夫が必要です。

-ワードプレス

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座