副業

クラウドワークスが稼げないは嘘!今すぐできる稼ぐための3ステップとは?

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・クラウドワークスが稼げないってほんと?

・どうやればクラウドワークスで稼げるようになるの?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

クラウドワークスは稼げないから使わないほうが良いって噂がありますよね。

結論から言うと、稼げないということは無いです。

稼げないと言っている多くは、他のサービスに勧誘している人たちなんですね。広告収入のために他のサービスを勧めていることを理解してください。

しかし今から解説することをしっかりと理解しないと、あなたも稼げない人材になってしまうかもしれません。

本記事ではクラウドワークスが稼げない原因を解説しつつ、クラウドワークスで稼げる人材になるための3ステップを解説。

  • 稼げないからやめておこう
  • どうすれば稼げるようになるのか知りたい

と考える方はぜひ最後まで読まなきゃ損ですよ!

 

 

クラウドワークスが稼げない3つの原因

クラウドワークスであなたが稼げない原因は主に3つ。詳しく見ていきましょう。

 

稼げない原因1:手数料が20%取られる

クラウドワークスを利用する場合、もらえる報酬額の20%が手数料としてクラウドワークスに差し引かれてしまいます。

仮に50000円稼いだとしても、10000円はクラウドワークスの取り分になってしまうんですね。

もしあなたが会社勤めしていて、手取り20%カットと言われたら稼ぎ少ないと感じますよね。

多くの方が20%の手数料を差し引かれることによって稼げないと感じるんです。

 

稼げない原因2:高単価の仕事は倍率が高い

クラウドワークスにはもちろん稼げる仕事・相場よりかなり報酬額の高い仕事もあります。

しかしそういった仕事は必然的に倍率が高くなり、初心者が仕事を受けるのは難しいです。

同じ時間・難易度でできるなら5万円の仕事と10万円の仕事で後者を選びますよね。

そして発注者側からしても、お金を払うなら信頼できて、期待以上の仕事をしてくれそうな人に仕事を依頼したいと考えるはずです。

高単価案件はベテランの人たちがもらっていくので、結果として単価の安い案件しか受けれなくて、稼げないと感じてしまうんですね。

 

稼げない原因3:契約後の進行が遅い

せっかく案件を獲得できたとしても、納品が遅かったり、検収に時間がかかったりするともらえる仕事の数が減り、結果として稼ぎも少なくなります。

ただこの場合は改善策が明確で、

  • あなたの納品スピードを上げる
  • 複数のクライアントから仕事を引き受ける

の2つを実践すれば自ずと稼ぎも増えていきますよ。

 

 

クラウドワークスで稼げるようになるための3ステップ

ここまでクラウドワークスが稼げない原因を紹介してきましたが、ここからは実際にクラウドワークスで稼げるようになるための手順を解説していきます。

実践は今すぐできますが、1日2日で稼げる人材になるわけでは無いことを理解しておきましょう。

手順ごとに詳しく見ていきます。

 

手順1:実績を積み上げていく

あなたのスキルを証明するためにも、高単価案件を獲得するには実績を積み上げることが必要不可欠です。

もしあなたにスキルがあるとしても、そのスキルを証明できないとクライアントは安心して仕事を任せられません。

とはいえ、実績を積み上げる段階が一番ハード。実際にどのように実績を積み上げればいいのか。方法を2つ紹介していきます。

 

実績を積み上げる方法1:自分で成果物(ポートフォリオ)を作る

まずはポートフォリオを作成しましょう。

ライターの仕事であれば、自分でブログを立ち上げて記事を書いてみる、Web制作ならデザイン良いなと思うサイトを真似て作るなどです。

仕事の実績が無いとしても、ポートフォリオを作っておくことでスキルの証明が可能。

クライアントは「実績があれば一緒に記載してください」と言うことがほとんどなので、むしろポートフォリオ無しで実績を積み上げるなんて不可能と思ってください。

仕事を受けられない段階で仕事の実績を積み上げるのは難しいので、自分のためにサイトを作成したり、ブログを開設したりしましょう。

それだけで周りのライバルとグッと差をつけることができますよ

 

実績を積み上げる方法2:低単価の仕事を引き受ける

相場よりも単価の低い仕事を3~5件ほど受けてみましょう。

「単価低い仕事を引き受けても稼げないじゃん」って思うかもしれませんが、稼ぐための準備で必要なことです。

仕事での実績が無くても、先ほど紹介したようにポートフォリオを利用することで、低単価の仕事は引き受けやすくなりますよ。

 

手順2:継続案件を獲得する

ポートフォリオを元に単価の低い案件で実績を獲得したあなたなら、継続案件も獲得しやすい状態です。

ここまできたら稼げる人材になるまでもう1歩。単価が相場程度で、継続案件のあるお仕事を選んでいきましょう。

継続案件をおすすめする理由は、営業をする手間が少なくなり、収益の安定性が増すから。

もちろん単価が上がればそれだけライバルが増えます。そんなときに重要なのが、以下の3つです。

  • プロフィールを充実させる
  • 数を打つ
  • スキル以外の付加価値を売り込む

順に見ていきましょう。

 

プロフィールを充実させる

スキルセットや職歴などのプロフィールを充実させましょう。

クラウドワークスにはスキル充実度という項目があるので、そこを増やしていけば自ずと案件に繋がりやすいプロフィールになりますよ。

他のユーザーと差を付けるなら写真を自分の顔にするのがおすすめ。あなたの雰囲気がクライアントに伝わることで、仕事にも繋がりやすくなります。

 

数を打つ

倍率が高いので、残念ながら1個の案件に応募してすぐに仕事が決まるということにはなりにくいです。

そのため重要なのは応募できるだけ応募すること。そして良い案件を見つけたら早めに応募しましょう。

 

スキル以外の付加価値を売り込む

クライアントにとってあなたのスキルは重要ですが、それ以上に

  • レスポンスの早さ
  • あなたに仕事を任せることの安心感
  • 早めの納品

の3つが重要。

特に早めのレスポンスは実践しやすいので、初心者の方は心がけるべきです。

安心感というのは、セキュリティや手直しの対応など。最後に文章で補足してあげるだけでも結果は変わってきますよ。

このようにスキル以上に重要な点もたくさんあるため、付加価値をつけて選んでもらう確率を上げるようにしましょう。

 

手順3:単価アップを交渉する

継続案件が決まったら、単価アップの交渉もしていきましょう。

嫌われるかもと思うかもしれないんですけど、あなたの提供する価値が高まれば価値に見合った報酬をもらうのは当然です。

目安は10件ほどこなした後がおすすめ。これまでの実績や、単価アップ後の付加価値なども添えると交渉も成立しやすくなりますよ。

ここまでの3ステップを実践すればクラウドワークスが稼げないなんて思わないはずです。

 

 

まとめ

今回はクラウドワークスで稼げない原因と、稼ぐための実践的な方法を解説しました。

記事のまとめ

  1. 実績を積み重ねる
  2. 継続案件を獲得する
  3. 単価の交渉をする

1日や2日で稼げるようになるという甘い話ではないですが、稼げるようになる再現性の高い方法はあります。

ぜひ参考にして早速今日から手を動かしましょう。

-副業

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座