副業

ネットビジネスの2020年度ランキング5選。スキル無しが選ぶべき副業

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

・2020年のネットビジネスのおすすめが知りたい

・副業初心者でもできるネットビジネスを教えて欲しい

この記事ではこのような悩みが解決できます。

ネットビジネスのランキング5選とスキル無しの初心者でもできる副業を紹介していきます。

 

2020年のネットビジネスのランキング5選

ネットビジネスをランキング形式で5つ紹介します。

仕事が忙しくても合間にできるものなので参考にしてくださいね。

 

1位:クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトと言われますが、仕事を依頼したい人と受けたい方をマッチングするサービスです。

クラウドソーシングの特徴は、次の6つがあります。

 

  • 自分から営業しなくてもいい
  • スキルありなしに関係なく仕事を受けられる
  • スキルや実績を身につけることができる
  • 仕事と掛け持ちができる
  • 自宅にいながら仕事を受けられるので時短になる
  • クラウドソーシングが仲立ちをして、安心して報酬を受け取れる

 

スキルが無くても始められることが大きなメリットです。

それに、その実績を使ってブログやSNSといった媒体で、知名度を上げていけば収益化を狙うことも可能です。

もちろん、クラウドソーシングそのもので仕事をこなせば利益になるので、スキルを身につけつつ、お金を得られるという点でオススメです。

 

2位:アフィリエイト

アフィリエイトはブログなどに広告を貼り付けて、その広告を読者が見たり、商品を購入して報酬を貰えるというものです。

アフィリエイトの特徴は以下の5つです。

 

  • 知識がなくても始められる
  • 仕事と掛け持ちができる
  • 継続することで資産になる
  • 数十万以上の収益を狙うこともできる
  • ブログをもとにライティングなどの仕事を受けられる

 

スキマ時間などで取り組めることから、比較的に継続しやすい副業です。

なおかつ、知識がなくても始められるのでハードルがそこまで高くありません。

もちろん、ブログを書いたりするうえで知識が必要になってくるものの、今では取り組んでいる人が多いことから、初心者向けの情報が出回っていて短時間で理解することが可能です。

クラウドソーシングと並ぶくらいに、副業初心者にとって第一選択に入れても良いものです。

 

3位:転売

転売とは、簡単にいえば安く購入して、それを高く販売したことで得られる差額を利益にするものをいいます。

主に、せどり・メルカリ、輸入転売・オークションなどがあります。

転売の特徴は、以下の6つがあります。

 

  • 家電量販店やアマゾン、海外サイトなどで仕入れられる
  • 発送作業に時間がかかる
  • リサーチにある程度の知識が必要
  • 仕事と掛け持ちができる
  • 不用品転売などから手軽に始められる
  • 動き続けないと利益が得られない

 

身近な場所で仕入れることも可能ですし、利益を大きくするために海外サイトで仕入れることもできます。

もし、難しいと感じるならば、利益よりも作業に慣れるためにメルカリ転売などで不用品転売をするのがオススメです。

私自身も5~10万程度稼いだことがありますが、初めは梱包などに手間取ります。

ですが、不用品転売で小さな物から、これから販売していくであろう大きさの物を売れば、梱包の練習になって作業を効率化できます。

なおかつ、「どうすれば売れるのか?」、「どれくらいの価格で売れるのか?」を理解するためにも役立つので、事前に損する可能性を摘むことが可能です。

 

4位:独自販売

独自販売は、独自の体験によるものや経験により得たものなどの情報やスキルを販売することです。

情報販売・ツール販売・スキル販売などがあり、あなたの商品を作ったり、仕事で得たスキルを販売できます。

独自販売の特徴は次の通りになっています。

 

  • noteなどで手軽に商品を作れる
  • 情報や商品がなくても、自分のスキルのみで稼げる
  • 売れた場合は、その商品の100%が利益になる可能性が高い

 

自分のスキルと言うと難しく感じるかもしれませんが、ココナラなどのサービスで「似顔絵を描く」、「手土産の選び方」、「お部屋を脱出する方法」などと、その人独自の知識や経験を商品に使えるので、比較的ハードルが低いです。

副業初心者にとっては、売れる感覚を身につけるために実践してみるのも1つの方法です、

 

5位:オンラインショップ

オンラインショップとは、実店舗を構えることなく、ネット完結で物やサービスを売れるウェブサイトのことです。

基本的にウェブサイトを立ち上げる必要はなく、販売する場所を借りたうえで手数料を支払って販売する形になります。

オンラインショップの特徴は、以下の6つがあります。

 

  • 販売エリアが広い
  • 営業時間を気にしなくても良い
  • 仕事と掛け持ちできる
  • 開店コストが低い
  • 集客知識や経験が必要
  • 商品によっては価格競争に巻き込まれる可能性あり

 

販売する物には、自身で作った洋服や小物、アクセサリーといったハンドメイド商品などがあります。

副業初心者にとっては、販売できるような物を作るスキルが必要になるため、少々ハードルが高くなります。

とはいえ、今では手先がある程度器用ならば、YouTubeなどで作り方を学んでハンドメイド商品を作ることが可能です。

そのため、作ることが好きな方にとってはハマれば面白い副業です。

 

副業初心者が避けるべきネットビジネス3選

副業初心者が避けるべきネットビジネスを3つ紹介します。

主に挫折する可能性が高かったり、リスクが高いことを理由に選んでいます。

 

1位:FX

FXとは、お金の売り買いを行って利益を得るものをいいます。

例えば、日本円を売ってドルを買う場合、ドルが99円などと安ければその分得をすることになります。

そしてFXの大きな特徴が、少額でたくさんのお金の取引を行えることです。

これは利益の場合は良いですが、逆に不利益の額も大きくなるので注意が必要です。

また、平日24時間取引ができることから、寝ている間や働いている間に大損をする可能性があります。

そのお金の変動は、国内外の政治や経済に大きく影響を受けるので、相当の勉強が必須となることも骨が折れると言えます。

私の知人でも、仕事に集中できなくなったり、動かす額の歯止めが効かなくなって人にお金を借りる人もいたので、初心者にはハードルが高いです。

 

2位:仮想通貨

仮想通貨とは、デジタル通過の一種です。FXならお金が取引に使われますが、仮想通貨はネット上での通過を購入して取引を行うものです。

FXよりも仮想通貨のほうが値動きが激しく、ごく短期間で大損する可能性があることから初心者にとってはハードルが高くなります。

その理由としては、仮想通貨自体が決済手段として使える幅が限られており、取引をして差額で設ける目的から大きく変動することが考えられます。

また、仮想通貨の利益が大きくなるほど税率が高くなるので、多額の納税などの理由も含めて副業初心者は手を出さない方が良いです。

 

3位:YouTuber

YouTuberを避けた方が良いのは、収益化までのハードルが高いからです。

基本的に、収益化を行うまでに下記の2つの項目を満たす必要があります。

 

  • 過去12ヶ月間の総視聴時間が4000時間以上
  • チャンネル登録者数が1000人以上

 

他にも細かいルールがあるものの、上記2つを満たさない限りは収益化を始めることができません。

そのため、副業初心者の初めの壁になる継続を挫かれる可能性が高いです。

ちなみに、YouTuberになるなら次の5つが必要になります。

 

  • 継続力
  • 作業時間
  • 企画力
  • トーク力
  • 編集力

 

10分や20分の動画でも、企画したりや編集によって大幅な時間を取られます。

ですから、副業として取り組むなら、ある程度の時間を確保できることが第一条件です。

 

まとめ

2020年度のネットビジネスのランキング5選と、副業初心者が避けるべきネットビジネスのランキング3選は以下の通り。

記事のまとめ

■おすすめのランキング5選

1位:クラウドソーシング

2位:アフィリエイト

3位:転売

4位:独自販売

5位:オンラインショップ

■避けるべきランキング3選

1位:FX

2位:仮想通貨

3位:YouTuber

初めは行動すること自体、ハードルが高く感じますが、やってみると意外とできるものです。

仕事にしても、初めは不安でいっぱいなことも多いですが、働いていると経験を積んで不安感が無くなっていくはず。

ですから、まずは期間を決めてやってみましょう。

合わなければ変えるも良し。合えば続ければ良しです。

 

-副業

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座