ブログ

ブログ初心者必見!SEO対策で今すぐできる簡単な施策を7つ紹介

コンテンツ
サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>

悩む人

  • ブロガーはSEO対策をしろって言うけど、何をすればいいの?
  • ブログを始めたのに全然読まれない

この記事ではこのような悩みが解決できます。

ブログの初心者が集客をするためには、SEOの知識を身につけることが必要不可欠と言えます。

SEOを何も知らず、ただ記事を更新しても残念ながら読者が増えないからです。

しかしSEO対策といっても、巷には情報が溢れており、中には初心者にとって難しいSEO対策もあります。

本記事では、初心者が今すぐできることに重点を置いたSEO対策を7個紹介

さらに後半では、ブログ初心者が中級者になるために必要な知識も合わせて解説しています。

ただ、本記事はドメインやサーバーの契約をして、本格的にWordPressでブログを始めたい方向けの内容です。

Amebaなどの無料ブログを利用している方にとっては関係のない話になることを理解した上で読み進めていただければと思います。

 

初心者でも今すぐできる!7つの簡単なSEO対策

初心者が今すぐできる簡単なSEO対策を早速見ていきましょう。

7個は多いように見えますが、早ければ1つあたり5分かかりません。

どれも必須で初心者のうちにやっておくべき対策ばかりなのでしっかりと理解し、実践していきましょう。

 

SEO対策その1:Search Consoleに登録する

Search Consoleはブロガーにとっての必須ツールです。

ページをGoogleに登録して検索からの流入を仲介したり、サイトの集客情報を知らせてくれたりする役割があります。

無料ツールなので必ず登録するべきです。登録は以下の手順で行います。

  1. Search Consoleにアクセスする
  2. 持っているGmailアカウントでログインorGmailアカウント作成
  3. 新しいパネルに移動を選択
  4. 左側の入力欄に自分のブログのドメインを入力する

以上の手順が終わったら、後はSearch Consoleに従うことで、登録が完了します。10分かからないので必ず設定を行いましょう。

 

SEO対策その2:XMLサイトマップを作成する

XMLサイトマップは、検索エンジンがあなたのブログの構造を理解するために必要です。

Googleのロボットにサイトの構造を理解してもらうことで、評価を受けやすくなります。

もちろん順位を上げるためには、良質なコンテンツであることが必要不可欠ですが、サイトマップはそんな良質な記事を見つけてもらう手助けをしてくれます。

サイトマップを作るときは、WordPress内で「Google XML Sitemaps」というプラグインをインストールして、設定すれば良いです。

 

SEO対策その3:スマホに対応しているWordPressテーマを選ぶ

今の時代、Webページはパソコンから見るよりも、スマートフォンから見ることの方が多いです。

またGoogle が掲げる10の事実でも、パソコン以外からのアクセスに対して、ユーザーの知りたい情報を提供することが重要だと記載があります。

そのためWebページもスマートフォンの小さな画面に合わせて作ることが必須となっています。

そんなときにおすすめなのが、自動的にスマートフォン画面のサイズに合わせてくれるWordpressテーマを使うこと

あなたが設定をしなくても、テーマを作ったエンジニアが自動的にスマホ画面のサイズに変換されるレスポンシブ対応を導入しています。

無料のテーマであれば、Cocoonがおすすめです。スマホで見やすいサイトを作るように心がけましょう。

 

SEO対策その4:メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションの設定は、SEO対策として間接的に有効とされています。メタディスクリプションは、記事の要約のことです。

Googleで検索した際、ページタイトルの下に黒文字で記事内容の説明が書かれた文章を見たことがあると思います。その文章がメタディスクリプションです。

読む前に記事の内容を把握できることで、詳細が気になると思ったユーザーのクリック率が高くなります。

クリック率が高くなれば、検索結果に対して関連性の高い記事とAIが判断するので更に順位が上がりやすくなります。

メタディスクリプションを書いても直接SEO効果は無いですが、間接的に効果があるので設定するべきです。

 

SEO対策その5:読者の悩みを解決できるコンテンツを作る

読者の悩みを解決できる記事を作成することで、最後まで読んでもらいやすくなります。

最後まで読んでもらえる記事は、Googleからの評価に繋がりやすいので、SEO対策として有効です。

そのため記事を書くときは、自分の書きたいことを書くのではなく、読者がどんな悩みを持っているのかを想像して悩みを解決できる記事を書くことが必要になります。

例えば読者がSEO対策を知りたいと想像した場合。この記事のようにSEO対策を紹介していくことで、読者の悩みを解決できます。

記事を作るときには、書きたいことではなく、読者の悩みを解決できることを書くように心がけましょう。

 

SEO対策その6:見出しタグを理解し活用する

h2やh3、h4といった見出しタグを理解するための勉強を行いましょう。

見出しタグを適切に使うことで、GoogleのAIがサイトの内容を把握しやすくなるため、より適切な評価を得やすくなります。

 

SEO対策その7:サイト内で内容の重複を避ける

サイト内で同じ内容が書かれたページが複数あった場合、Googleからの評価が分散するため適切な順位にならない可能性があります。

内容が被ってしまう記事は1つの記事に統一して内容の濃い記事にするなど対策が必要です。

 

脱初心者するために必須なSEO対策の知識3選

ここまでは初心者向けのSEO対策を7つ紹介してきました。これらのSEO対策は初心者が絶対に行うべきと言える対策です。

しかし紹介したことは全て基本的なこと。ブロガーにとってはできて当然とも言えることばかりです。

以下ではブログ初心者がライバルと差を付けるために必要な知識を3つ紹介していきます。

 

キーワード選定

Googleで検索する際は、何かしらキーワードを入力して調べますよね。本記事の場合は、「初心者 SEO対策」のようなキーワードで検索したと思います。

SEOでブログの集客をするなら、狙うキーワードを決めた上で、記事を書くことが欠かせません。

  • 記事を読む人がどんなキーワードで検索するのか
  • キーワードに対してどんな記事を書けばユーザーが満足するのか

そういったことを意識して、記事を作成していくことで有益な記事となり、結果的に上位表示に繋がります。

 

まずは構成から作る

記事を書く際は、いきなり本文を書くのではなく、先ほど紹介した見出しタグを使って構成から作ることがとても重要になります。

なぜなら、記事を構成から作ることで情報の過不足を防ぐことができ、読者の読みやすい順番で文章を書いていけるようになるからです。

一方でいきなり本文を書き始めると、書いている途中で記事の方向性が変わってしまったり、分かりづらい文章の流れになったりしてしまいます。

例えば最初は初心者向けのSEO対策のことを書いていたのに、途中からブログにぴったりなパソコンのおすすめを紹介するなどです。

本記事もまず構成作りから行っています。ブログ初心者が中級者になるために必須のことなので、最初は難しいかもしれませんが、構成から書き始められるようになりましょう。

 

タイトルの付け方を学ぶ

記事タイトルの付け方について正しい知識を身につけることも必要です。具体的には以下の3点を意識しましょう。

  • 狙うキーワードをタイトル内に入れる
  • タイトルでどんな記事内容なのか把握できる
  • 32文字以内のタイトルにする

それぞれ詳しく解説していきます。

 

狙うキーワードをタイトル内に入れる

タイトルの中には狙うキーワードを必ず入れましょう。

GoogleのAIが検索キーワードの入っているタイトルの記事を上位に表示させやすい仕組みだからです。

また狙うキーワードがタイトルに入っていないと、ユーザーから知りたいこととは関係ない記事だと思われる危険もあります。

例えば「ラーメン おすすめ 東京」というキーワードで検索したとします。

  • ラーメンのおすすめ東京編!美味しいお店を10店舗紹介!
  • 東京にあるおすすめの美味しいお店を10店舗紹介!

以上の検索結果が出たとしたら、きっと前者を選ぶでしょう。後者の記事はラーメンのおすすめなのか、スイーツのおすすめなのか分からないためです。

Googleからの評価だけでなく、ユーザーのクリック率にも影響が出るので、キーワードをタイトルに入れることは必須となります。

 

タイトルで記事の内容がどのようなものか把握できる

タイトルを見て内容を把握できることで、クリック率が上がりやすくなります。

クリック率が上がることで、AIが検索キーワードに対して関連性の高い記事だと認識するのでSEO対策に繋がります。

例えば「ブログ 書き方」のキーワードで調べるとします。

  • 初心者でも簡単!ブログの書き方で重要な3つのポイントを紹介
  • ブログの書き方を解説!

極端な例ですが以上の結果が出たとしたら、前者の記事の方が内容が把握しやすいと感じるでしょう。

内容が把握できることで、読者は自分に関係ある記事だと感じることも多くなり結果としてクリック率が上昇します。

クリック率が上がればSEO的に高評価を得やすくなるため、内容が把握できる記事をタイトルを付けることが重要です。

 

タイトルを32文字以内にする

Googleの検索結果に表示されるタイトルは32文字以内のことが多いです。そのためできるだけ32文字以内に収めるようにしましょう。

文字数が多くなると、タイトルで記事内容が想像できなくなるという問題が発生してしまいます。

使う文字が全角だったり半角だったりで適切な文字数は変わりますが、32文字程度に収めるよう心がけましょう。

 

初心者がSEO対策で知っておくべき3つのこと

ここからはテクニック面以外で初心者が知っておくべきことを3つ紹介していきます。

これらを知っておくことで、すぐに結果が出なくても悲観的になりにくくなりますよ。

紹介することは以下の通りです。

  • SEO対策に完璧はない
  • ただ闇雲に記事を増やしても意味がない
  • 新しいサイトはSEO対策をしてもすぐに結果が出にくい

詳しく見ていきましょう。

 

SEO対策に完璧はない

巷にはSEO対策の情報が溢れ返っています。そして解説しているサイトごとにSEO対策について違うことを主張していることだってありえます。

サイトごとにSEO対策の情報が違う理由としては、SEOに答えが無いためです。

そのため初心者がSEOを完璧に理解しようと考えるのは得策と言えません。

本記事で紹介しているような基礎的な知識を身につけたら、どんどんコンテンツ作成に活かしていくべきです。

SEOの知識に完璧を求めないようにしましょう。

 

ただひたすらに記事を書いてもSEOの効果は薄い

「初心者はまず100記事書こう!」という主張を見たことはありませんか?

たしかに初心者が100記事書けば上達しますが、ただ闇雲に記事を書いたところでSEO効果は無いに等しいと言えます。

しっかりとSEOの基礎知識を吸収して、その知識を活かしながら100記事書いていくことで、知っていることを活用した良質な記事を書けるようになるという意味です。

そのためただ闇雲に低品質な記事を量産しないよう気をつけましょう。

 

SEO対策をしても新しいサイトは順位が上がりにくい

初心者がSEO対策をして結果が出ないとしても様子見の期間と考えることが重要です。

新規にドメインを取得してから3ヶ月~6ヶ月の間は正当なSEO評価を受けられないと言われているからです。

これはドメインが新しすぎると、AIから受けるサイトの信頼度が低いことが原因です。

私自身もサイトを開設して3ヶ月から半年経ってようやく順位が上がってきた記事もいくつかあります。

SEO対策をしても順位が上がらないとしてもすぐに落ち込まず、しばらく様子を見てから改善策を考えていきましょう。

 

初心者向けの簡単なSEO対策についてまとめ

初心者向けの簡単なSEO対策と、ブログ中級者になるために必要な知識を紹介してきました。

初心者でもできる簡単なSEO対策は以下の通りです。

記事のまとめ

  • Search Consoleに登録する
  • XMLサイトマップを作成する
  • スマホに対応しているWordPressテーマを選ぶ
  • メタディスクリプションを設定する
  • 読者の悩みを解決できるコンテンツを作る
  • 見出しタグを理解し活用する
  • サイト内で内容の重複を避ける

本記事を参考に、SEO対策の基礎を理解してより良質な記事を書けるようになれば幸いです。

-ブログ

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座