アフィリエイト

GoogleAdSenseの審査に受かる5つのポイントや稼ぐ方法を紹介

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>


悩む人

  • GoogleAdSenseの審査は難しいの?
  • GoogleAdSenseで稼ぐコツはある?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

 

GoogleAdSenseはブログで稼ぐ方法の一つで、報酬が発生しやすいので初心者向けの広告です。

 

しかし、GoogleAdSenseを利用するには審査に通らなければいけません。

審査は厳格に行っているので、しっかり対策しないと合格するのは難しいです。

 

そこでGoogleAdSenseの審査に合格するために押さえておきたい5つのポイントを紹介します。

広告を使って稼ぐ方法も紹介しているので、ブログ初心者はぜひ参考にしてください。

 

GoogleAdSenseの審査に通る5つのポイント

GoogleAdSenseの審査に合格するには、少なくとも以下のポイントを押さえる必要があります。

  • 独自ドメインを取得する
  • 少なくとも1000文字以上×20記事作る
  • オリジナル記事を執筆する
  • 禁止コンテンツに触れていないか確認する
  • 信頼性を出すために3つのページを用意する

 

5つのポイントを押さえておけば絶対に審査を通るわけではありません。

しかし、このポイントを押さえておかないと合格しない可能性は高いです。

 

独自ドメインを取得する

ブログを運営するには、はてなブログやSeesaaなど無料ブログを利用することもできます。

気軽にブログを始められるのですが初心者にはおすすめです。

 

しかし、無料ブログはGoogleAdSenseの審査を通過するのは難しいと言われています。

中には審査に合格した人もいるようですが、年々無料ブログへの審査は厳格になってきています。

 

GoogleAdSenseの審査を通るためには独自ドメインがおすすめです。

独自ドメインは種類にもよりますが、年間1000円程度で利用できます。

GoogleAdSenseで稼げるようになるとすぐに元を取れるでしょう。

 

そして、独自ドメインを取得するにはレンタルサーバーが必要ですが、レンタルサーバーには複数の種類があります。

 

どれが良いのか分かりづらいですが、初心者ならエックスサーバーやロリポップがおすすめです。

これらのサービスなら独自ドメインの取得まで簡単に手続きできます。

 

少なくとも1000文字以上×20記事作る

GoogleAdSenseの審査に合格するにはコンテンツの充実度も大切です。

Googleは読者に満足してもらえるサイトに対してAdSenseを付与します。

 

例えば100記事あるブログと10記事あるブログがあったとしましょう。

この場合、間違いなく100記事ある方が充実していて、読者を満足させられます。

 

GoogleAdSenseの審査に受かるためにも、少なくとも1000文字以上×20記事作りましょう。

これだけ作れば絶対に受かるわけではありませんが、最低でもこの量は必要です。

 

中には10記事未満で合格する人もいますが、その場合は10記事の内容が濃いと思われます。

ブログ初心者のうちからクオリティが高い記事を作るのは難しいです。

そのため、少ない記事数で審査に挑むのはおすすめしません。

 

オリジナル記事を執筆する

GoogleAdSenseの審査に合格するには記事数が大切ですが、オリジナルの文章でないと意味がありません。

 

ブログ初心者のうちから多くの記事を執筆するのは大変です。

かと言って、他サイトからコピペすると審査に通りません。

 

ゆっくりでも良いのでまずは、オリジナルの文章で1000文字以上×20記事を書き切ることを目標にしましょう。

 

禁止コンテンツに触れていないか確認する

Googleでは以下の禁止事項を設けています。

  • アダルトサイト
  • 差別的内容・誹謗中傷を含むもの
  • 薬物関係
  • 著作権に違反している
  • アルコールやタバコに関係するもの(一部OK)
  • 法律に違反する内容を扱っている

 

これらのブログだと審査には通りません。

ブログは自由に書けるのが魅力的ですが、GoogleAdSenseの取得にはルールがあります。

広告を取得したい方はブログを始める時のテーマに気を付けましょう。

 

信頼性を出すために3つのページを用意する

GoogleAdSenseの審査に通るためには3つのページが必要です。

  • 運営者情報
  • お問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー

 

この3つのページがあることでGoogleからの信頼性が上がります。

運営者情報以外はテンプレがあるので、Googleからの信頼を得るためにも作っておきましょう。

 

GoogleAdSenseで稼ぐ3つのコツ

GoogleAdSenseで稼ぐには以下の3点が大切になります。

  • SEOの知識を付ける
  • 継続して記事を執筆する
  • 広告の配置場所を工夫する

 

GoogleAdSenseは広告がクリックされることで稼げる仕組みです。

そのためアクセス数を増やさなければ稼げません。

 

Googleでアクセス数を増やすには、記事を検索上位に持ってくる必要があります。

検索上位とは特定のキーワードで検索した時に、1ページ目に記事が表示されることです。

そのためにはSEOの知識が必要になります。

 

SEOの知識を付ける

SEOとはGoogleがその記事の評価を決める基準のことで、SEO対策をしていないと検索上位に上げるのは難しいです。

 

SEOはネットで検索すると調べられますが、時間がかかります。

手っ取り早く稼ぎたい人は書籍やコンサルを利用するのも良いでしょう。

 

継続して記事を執筆する

記事を検索上位に持って行くには継続して記事を書くことも大切です。

継続してアップすることでGoogleが評価してくれます。

 

ブログはなかなか成果が出ないので途中で挫折しがちです。

しかし、途中でやめてしまうと稼げません。

1週間に1~2記事でも良いので継続することを心がけましょう。

 

広告の配置場所を工夫する

上記の方法を実践してアクセス数が増えても広告の配置によっては稼げません。

例えば記事の冒頭にいきなり広告があると読者は不信感を抱きます。

 

読者に自然の流れでクリックしてもらうためにも、記事中や記事の最後に設置しましょう。

どこに配置すれば良いか分からない場合は他のサイトを参考にしてみてください。

 

まとめ:GoogleAdSenseは審査に合格するまでが大変!

今回は、GoogleAdSenseの審査に受かる5つのポイントや稼ぐ方法を紹介しました。

記事のまとめ

■審査に合格する5つのポイント

  1. 独自ドメインを取得する
  2. 1000文字以上×20記事作る
  3. オリジナル記事を執筆する
  4. 禁止コンテンツに触れていないか確認する
  5. 運営者情報・お問い合わせ・プライバシーポリシーを用意する

■稼ぐためのコツ

  1. SEOの知識を付ける
  2. 継続して記事を執筆する
  3. 広告の配置場所を工夫する

 

GoogleAdSenseの審査に合格するには、少なくとも以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

ブログ初心者にとっては大変かもしれませんが、このポイントを押さえておかないと審査に通るのは難しいです。

 

しかし、一度審査に通れば月に安定した収入を稼ぐこともできます。

まずは独自ドメインを取得して、1000文字以上の記事を20個作ることを目標にしましょう。

-アフィリエイト

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座