ワードプレス

WordPressワードプレスのプラグインおすすめ 10 選!時短に導入必須のものを紹介

ブログ運営を始めると、

「どんなプラグインが必要なの?」

「仕事が忙しいからブログ運営を効率化できるプラグインが知りたい」

「できればプラグインを導入するときの注意点も教えて欲しい」

とこのような疑問があるかと思います。

 

そこで、WordPress を使ううえで導入しておきたいプラグイン、作業を効率化できるもの、かつ導入時の注意点を紹介します。

有名ブロガーも導入しているものなので、入れておいて損はないですよ。

 

 

wordpress のプラグインおすすめ 10 選!【作業効率化に欠かせないツール】

 

仕事が忙しいとブログにかけれる時間は限られます。そのため、作業を効率化して記事執筆に集中できるツールが不可欠です。
ブログを運営するうえで欠かせないプラグインを 10 個まとめたので参考にしてください。

①All In One SEO Pack(検索エンジン最適化)
②Google XML Sitemaps(サイトマップ生成)
③EWWW Image Optimizer(画像の圧縮・表示速度の改善)
④Broken Link Checker(リンク切れ通知を受け取れる)
⑤AddQuicktag(タグ打ちの効率化)
⑥WP Multibyte Patch(WordPress を日本語対応にする)
⑦Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
⑧Akismet(コメントスパム対策)
⑨TinyMCE Advanced(記事投稿を効率化)
➉WP Social Bookmarking Lightk(ソーシャルボタン設置)

 

①All In One SEO Pack(検索エンジン最適化)

WordPress の SEO 対策に役立つプラグインです。このプラグインを入れることで SEO に関する設定を行えます。

ちなみに、テーマによっては SEO 対策をしっかりと行っているため、必要ない場合があります。

それが「賢威」、「JIN」、「SANGO」などです。

※テーマとはブログのデザインテンプレートのことで、使うことで見た目の良いブログを作れます。

導入すれば良いか分からない場合は、ブログのテーマごとで調べるようにしましょう。

 

②Google XML Sitemaps(サイトマップ生成)

ブログ上で記事を投稿するたびに最新の XML サイトマップを作って、検索エンジンにブログ上のコンテンツの状態を伝えることができるプラグインです。

つまり「新たに記事を書きました」、「記事内容を新しく修正しました」と伝えることを自動化できるというものです。

XML サイトマップ=ブログに書いた情報(記事の URL、更新日や更新頻度など)がファイルとしてまとめられているもの。と考えると分かりやすいかと思います。

なお、All In One SEO Pack でサイトマップ機能を使っている場合は、必要ないので使わなくても構いません。

 

③EWWW Image Optimizer(画像の圧縮・表示速度の改善)

一言でいうと、画像を軽量化してブログの表示速度を速くするためのプラグインです。

読者にブログを表示するうえでストレスを感じさせなかったり、記事を読んでもらうことで SEOで評価されるようになります。

もちろん、先に別のツールなどで画像を圧縮している場合は必要ありません。

 

 ④Broken Link Checker(リンク切れ通知を受け取れる)

記事内で貼り付けているアフィリエイトリンクや、記事の信頼性を保つための外部リンクなど、商品そのものが販売中止になっていたり、外部リンク先の記事に手が加わるとリンク切れを起こす可能性があります。

そのリンクエラーを教えてくれるのが「Broken Link Checker」です。

1 つ 1 つの記事を常に目視で見るのは不可能なため、手間を減らすために導入しておきましょう。

 

⑤AddQuicktag(タグ打ちの効率化)

装飾をお気に入りに登録しておいて、記事執筆の効率化をするためのプラグインです。

使うのが難しいようにも思えますが、使い方の詳細を解説している記事が多くあるため、安心して使えます。

時間をかけずに執筆を効率化したい方は入れておいて損はないです。

 

⑥WP Multibyte Patch(WordPress を日本語対応にする)

英語圏で作られたwordPressを、日本語環境でも正常に動かすために必要となるプラグインです。

あまり WordPress について詳しくない初心者の場合は、条件反射的にダウンロードしておきましょう。

有名ブロガーも使っているので。

 

⑦Contact Form 7(お問い合わせフォーム)

誰もが知っていると言えるほど、有名なお問い合わせフォームのプラグインです。

ブログ運営初期は質問がくることはそうないと思いますが、付けておくことで質問によって読者の悩みを理解、仕事の受注などに役立ちます。

自動メール返信機能であらかじめ対応することも可能なので、ダウンロードしておいて問題ないでしょう。

 

⑧Akismet(コメントスパム対策)

お問い合わせフォーム、もしくは記事に対するコメントを解放しているなら付けておいたほうが無難です。

ブログ運営初期にくることはそうないと思いますが、記事の順位が上がってくるとスパムメールがくる可能性が上がります。

私自身スパムメールだと知らずに開き、迷惑メールが何万通ときたことで 1 位の記事が圏外になったことがあります。

なのでダウンロードしておいたほうが安心してブログを運営できます。

ちなみに、設定方法に関しては Google 検索すると多くヒットするので、そう難しいものではありません。

 

⑨TinyMCE Advanced(記事投稿を効率化)

WordPress のビジュアルエディタ機能(コードなしで文章のみで書くモード)をさらに使いやすくするためのプラグインです。

文字に色を付けたり、文字のサイズを変えたりと好みの機能を付け足すことができます。

設定も簡単にできるので、文章作成を効率化するなら入れておきたいプラグインです。

 

 ➉WP Social Bookmarking Lightk(ソーシャルボタン設置)

これは Twitter や Facebook といったソーシャルボタンを導入するために必要なプラグイン。

テーマそのものに実装されているものもありますが、ない場合は手間を減らすために使いましょう。

このプラグインの使い方については、Web マーケティングで有名なバズ部が解説しているので、短時間で簡単に導入することができます。

とはいえ、調べれば自力で作ることもできるため、「ブログの表示速度をできるだけ速くしたい」という場合は、ブログ立ち上げ初期に使って、後から学んで自作に切り替えるのも 1 つの方法です。

 

 

そもそもプラグインとは?使うメリットや必要な理由を解説

場合によっては、「プラグインとはそもそも何?」という疑問があるかと思います。

そこでプラグインがどういったものか、そしてメリットや必要性も以下の 3 つに分けて簡単に解説します。

  1. プラグインとは
  2. プラグインを使うメリット
  3. なぜプラグインは必要なの

 

1.プラグインとは

ブログを運営するうえで、必要な機能を後付けすることができるパーツ(プログラム)のことを言います。

車でいうとオプションで椅子の質を上げたり、曲を聴ける機器を付けたりといった、より快適にするための取り付け部品と考えると分かりやすいかと思います。

 

2.プラグインを使うメリット

難しい知識が必要なく、ダウンロードすることによりブログ運営で必要機能を簡単に追加できることが最大のメリットです。

中には、プラグイン内に文字を打ち込んで設定するものもありますが、よほどマイナーなものでない限りは、Google 検索で調べると簡単に設定できます。

 

 3.なぜプラグインは必要なのか

プラグインは車でいうオプションにあたるものなので、あなたがブログ運営をするうえで作業を効率化したり、読者が快適に記事を読めるようにするうえで必要になります。

もちろん、テーマ(ブログそのもののデザインテンプレートのこと)によって実装されているものがあるので、有料テーマの標準機能にない場合に、必要に応じてプラグインを使うようにしましょう。

 

 

プラグインを導入するときに注意したいこと

プラグインは便利なものの、何でもかんでも導入すると、不具合やブログの読み込み速度に問題が起こる可能性があります。

そのため、プラグインを導入するうえでの注意点を以下の 3 つにわけて解説します。

  1.  バックアップをとってから行う
  2.  プラグインの多さで速度が遅くないか
  3.  テーマそのもので代用できないのか

 

1.バックアップをとってから行う

機能を付け足せるとはいえ、更新されていない古いプラグイン、テーマそのものに合わないプラグインを導入すると不具合を起こす可能性があります。

そのため使う場合は、まずバックアップをとって不具合に対処できる状態で行うほうが安全です。

ちなみに、不具合が起きにくいプラグインの目安は以下 3 つです。

• 数ヶ月単位で更新されているのか
• 多くのユーザーに使われているのか
• 評価はある程度高いのか

イメージでいうと、アマゾンで商品を買うときの品定めと同じようなものです。

もちろん、バージョンが古くても役立つプラグインはあるため、あくまで 1 つの指標として考えましょう。

なお、 バックアップする場合は「BackWPup」のプラグインを使うと良いですよ。

 

2.プラグインの多さで速度が遅くないか

プラグインはオプションとして無い機能を補えるものの、ブログそのものにアクセスするときに読み込まないといけないので、多すぎると「全然ページが開かん...」といったことが起こります。

なので目安として 10~15 個くらいが程よい量です。15~20 個を超えると多いかな、という感じです。

ちなみに、プラグインを付けすぎて重たくなっていないかを判断するために、「PageSpeedInsights」でブログの読み込み速度を測ってみると良いですよ。(日本のサイトだと 40 点程度が平均的)

※読み込み速度はプラグイン以外にも影響を受けます。

 

3.テーマそのもので代用できないのか

これはブログ初心者がやりがちなミスですが、テーマをダウンロードして見た目に満足、という形で終わる方が多いです。

つまりテーマそのものについて理解し切らず、機能がないと思ってプラグインを使う。そして機能が二重になってブログの表示速度が遅くなるといったことが起こります。

そのため、プラグインを導入するときは「テーマそのものの標準機能にないのか?」と考えてGoogle 検索で調べるようにしましょう。

そうすれば理解が深まって、より良いブログを作ることに繋がります。

 

 

まとめ

最後におすすめプラグイン 10 選と、今後どう作業をしていくと良いのかを要点にまとめておきます。

• All In One SEO Pack(検索エンジン最適化)
• Google XML Sitemaps(サイトマップ生成)
• EWWW Image Optimizer(画像の圧縮・表示速度の改善)
• Broken Link Checker(リンク切れ通知を受け取れる)
• AddQuicktag(タグ打ちの効率化)
• WP Multibyte Patch(WordPress を日本語対応にする)
• Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
• Akismet(コメントスパム対策)
• TinyMCE Advanced(記事投稿を効率化)
• WP Social Bookmarking Lightk(ソーシャルボタン設置)

 

作業は以下の流れでやります。

1. テーマをダウンロード(テーマの機能を調べる)
2. バックアップのプラグインを導入する
3. バックアップ体制を整える
4. テーマに実装されていないプラグインをダウンロード
5. ページ速度(PageSpeed Insights)を判定する
6. ページ速度に問題がなければそれぞれのプラグインを設定する
7. ブログ運営に合わせて必要なプラグインを導入すいていく

プラグイン導入時は多くの情報があるので迷いますが、さっと導入して記事執筆に力を入れることをオススメします。

やはり、ブログで一番大切なのはコンテンツですし、プラグインはブログ運営を補助するためのものです。

その補助するためのツールで悩んだところで、時間がいくらあっても足りません。

プラグインは後から修正ができるので、効率化できるものは状況に応じてすぐに取り入れて、作業を進めていきましょう。

-ワードプレス

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座