ブログ

Googleアドセンスが急に停止された理由とは?対処法も合わせて解説

サモハン

2018年より本格的に情報発信&アフィリエイトに取り組み1億円以上稼いできたサモハンと申します。

借金、自己破産から脱出し現在は自由に仕事をしています。

「自己破産から年商1億円まで登りつめたサモハンのプロフィール」>>


悩む人

  • 昨日のAdSense収益の確認したら停止されてたんだけど…
  • 最近AdSenseの広告が表示されないと思って見てみたら停止されてた。どうすればいいの?

この記事ではこのような悩みが解決できます。

ブログ収益の方法の一つにGoogle AdSenseがありますが、それが停止となれば不安になりますよね。

本記事では、AdSense広告が停止される理由を解説しつつ、AdSenseが停止される前にできる対策や停止された後にできる対処法まで紹介していきます。

AdSense広告の停止について初心者でも分かるよう解説しているので、最後までじっくりご覧ください。

 

Googleアドセンスが停止される理由とは?

GoogleAdSenseの広告が停止される理由として以下の4つがあげられます。

  • 自分で自分の広告をクリック
  • 知人に頼んで広告をクリックしてもらう
  • スパムによって大量にクリックされた
  • 広告の配置場所が悪い

それぞれの停止理由について詳しく見ていきましょう。

 

停止の理由1:自分で広告をクリックした

自分で自分の広告をクリックする行為は、AdSenseの利用規約に反するため、広告停止の対象行為になります。

特に初めてAdSenseの広告を貼ったときなんかは嬉しくてクリックしたくなりますよね。

しかし自分で広告をクリックしてしまうと、せっかく通ったAdSenseの審査が台無しに。

自分で広告をクリックする行為はやめましょう。

 

停止の理由2:知人に頼んで大量に広告をクリックしてもらった

人に頼んで広告をクリックしてもらう行為もNGです。

「クリック元のIPアドレスが違うならばれないのでは?」と考えるかもしれませんが、PV数やページへの流入元、前日までのPV数などから判断してバレます。

そのため収益を増やしたいからといって、知人に広告のクリックを頼むことはやめましょう。

 

停止の理由3:スパムによって大量にクリックされた

海外のスパムによって、広告が大量クリックされてしまう場合もあります。

たとえスパムによる大量のクリックだとしても、Googleは容赦なしに広告停止にしてきます。

そのためある程度アクセスが伸びてきたら、スパム対策が必要です。

対策は後ほど解説していきます。

 

停止の理由4:誤クリックを誘発させる広告の配置をしている

広告をクリックしないと先に進めないような広告配置にしていることもありえます。

先ほども触れたように、広告のクリック率が高すぎると、不正と判断されてAdSense停止になってしまいます。

もしユーザーが意図しないのに広告先に飛んでしまうようなサイト設計になっているのなら、広告の設置場所を改めるべきです。

 

Googleアドセンスが停止される前にできる対策

ここからは、Google AdSenseの広告が停止される前にやっておきたい3つの施策を紹介していきます。

まだ停止はされていないけど、収益が増えてきたころに停止されるのが心配という方は必見ですよ。

 

警告が来たときは直ちに記事を修正する

Google AdSenseがいきなり停止するのでは無く、警告が来て改善が見られなかった場合に停止されることがあります。

警告が来た場合は、警告が来た理由も合わせて説明されるので、説明に従ってページの改善を行いましょう。

ただ悪質な規約違反の場合は、警告なしで即停止になることもあります。

そのため規約をしっかりと把握し、違反しないよう心がけることが重要です。

 

「AdSense Invalid Click Protector」を導入する

「AdSense Invalid Click Protector」は悪質なスパム対策のプラグインです。

「AdSense Invalid Click Protector」を導入することで、広告を何度もクリックしてくるIPアドレスに対して広告を非表示にしてくれます。

サイトのPV数が増えるほど、スパムの被害にも遭いやすいです。

ある程度収益が増えてきた段階で「AdSense Invalid Click Protector」を導入して、スパムによる広告停止を阻止しましょう。

 

Google AdSenseとGoogle Analyticsを連携しておく

直接的ではないですが、Google AdSenseとGoogle Analyticsを連携させることで、Google AdSenseのアカウント停止対策になります。

なぜならAdSenseから警告来た際、Analyticsで事実関係を確認できるからです。

自分で広告をクリックしていないのにもかかわらず、AdSenseから警告が来て原因が自分で広告をクリックということがありえます。

見に覚えの無い原因で警告が来た場合に、Analyticsで確認を取ることで、スパムによる大量クリックなどの原因を考察できるようになります。

またAdSenseの売上を伸ばす際にも、Analyticsは便利なので、早めに連携しておきましょう。

 

Googleアドセンスが停止された後に取るべき行動

Google AdSenseのアカウントが停止されたら取るべき行動はたった一つ。

ページの改善をするに限ります。

広告が停止されても、1ヶ月程度経てばAdSenseの復活ができることもあります。

ペナルティでAdSenseを利用できない期間中に、しっかりとサイトを改善し再びAdSenseを再開できる準備を行いましょう。

 

Googleアドセンスが停止してしまった理由まとめ

Google AdSenseが停止する理由について解説してきました。

Google AdSenseの停止理由としてあげられる要因は以下の4つです。

記事のまとめ

  • 自分で広告をクリックした
  • 知人に頼んで広告を大量にクリックしてもらった
  • 悪質なスパムによる大量のクリック
  • 広告の配置が悪い

しっかりと規約を守ってAdSenseを利用していれば、基本的に停止することはありません。

しっかりと停止にならないような対策をして、不安ゼロで収益を伸ばしていけるようにしましょう。

-ブログ

© 2020 自由人社長サモハンのアフィリエイト講座